ウェブページ

IMG_2568.JPG

2017年1月29日、日曜日。
菊美人の蔵にて。
 
この一年は、たいそう忙しかった。
今さら思い出したくもなく、また、
思い出そうにも、
何が何だかわからないくらいだった。
ともかく、書くことを苦と思わない私が、
ブログアップする心の余裕がもてなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2571.JPG

この一年、地元ライオンズクラブの会長職、
そのライオンズクラブの50周年の式典、
記念事業の挙行。親族、親友の仏事。
3期目を迎えた福岡県酒造組合の会長職。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2257.JPG

東京・大阪への出張20回、
北京2回、上海、台湾、香港へそれぞれ1回。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2562.JPG

考えてみれば、私は今年で55才。
 
ある人から聞いた話では「GO GO」と
もう一度アクセルをふかして
人生を突っ走る年齢らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2552.JPG

忙しいなどと愚痴をこぼせば罰当たり。
ありがたいと思わないと嘘になりますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2277.JPG

元気です。
 
遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

IMG_1601.JPG

2016年4月4日、月曜日。
福岡、東京ともに桜満開の中での出張。
いたるところで、満開の桜。心が躍る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1588.JPG

歌舞伎「楼門五三桐
(さんもんごさんのきり)」を思い出す。
 
石川五右衛門の名台詞だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1589.JPG

「絶景かなァー、絶景かなァー。
春の眺めは、
値千金(あたいせんきん)とは、
小せぇ、小せぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1590.JPG

この五右衛門の眼から見れば、
値万両(あたいまんりょう)、
万々両(まんまんりょう)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1592.JPG

日も、はや西に傾(かたぶ)きて、
雲と棚引(たなび)く、
桜花(さくらばな)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1593.JPG

あかね輝く、この風情(ふぜい)、
ハテ麗(うら)らかな、
眺めだなァーー!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1596.JPG

この有名なセリフ、
まさにドンピシャのこの季節。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1597.JPG

夕暮れ時の満開の桜を
悠然と眺めながらの、
京都、南禅寺の山門の上で、
石川五右衛門、
キセルをふかしての名ゼリフ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1598.JPG

飛行機から見る筑後の山々は、
いたるところに桜色。
 
有明の海も干拓も
新緑とともに、絶景だった。

IMG_1387.JPG

2016年2月8日。
菊美人の蔵にて。
 
今年の2月8日は、旧暦の元旦。
旧暦では、新しい年の始まりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1386A.JPG

春節で爆買いの中国人が、
日本に押し寄せているとテレビ。
「春節」とは、
そもそもお正月休みのことです。
 
中国ではいまだ旧暦を
大切にしているんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1385A.JPG

旧暦とは「太陽太陰暦」のこと。
新月が1日(月が立つ日ですから、
月立ち→ついたち)、
15日が満月、そして30日が新月
(月が隠れる日ですから、月ごもり→つごもり)。
 
月の満ち欠けとともに暦が動きますから、
わかりやすいですよね。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1384A.JPG

このカレンダーは秀逸です。
もう3年使っています。
 
旧暦を生活に取り入れると、
四季と共に暮らしている実感があります。
 
第一紙行「七十二候カレンダー」。
皆さんもいかがですか。

 

IMG_1358.JPG

2016年2月4日、立春。

菊美人の蔵にて。
 
ついこの前まで
「おめでとうございます」と、
新年の挨拶をかわしていましたのが、
あっという間の、今日は立春。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1386.JPG

七十二候では、
「東風凍を解く
(はるかぜこおりをとく)」季節です。
 
「東風」は「こち」とも読みますが
(「こちふかばにほひおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ」は菅原道真)、
この場合、「はるかぜ」と読ませています。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1388.JPG

もともと「東」は「はる」という
読み方があります。
 
白秋の長男、隆太郎さんの奥様で、
白秋研究の第一人者でもある方の名前が
「北原東代(はるよ)」さんであることを
思い出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1389.jpg

はる(春)の風は、
東からの風ということなんでしょうね。
 
春の訪れとともに、蔵には新酒の香り。
楽しい季節になりました。

IMG_1303.JPG

2015年12月某日。
菊美人の庭を見ながら。
 
薔薇二曲  作詩 北原白秋
 
1.薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花サク。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
 
2.薔薇ノ花。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
  照リ極マレバ木ヨリコボルル。
  光リコボルル。
 
 
 
 
 
 

IMG_0635.JPG

「にほんごであそぼ」というNHK Eテレの
子供向けの番組をご存じですか。
 
「造り込み」が見事で、
子供向けとは思えない見応えのある番組です。
毎回、欠かさず見ています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0636.JPG

この番組で、
北原白秋の「薔薇二曲」が歌われています。
 
歌っているのは「てるみ」君。
なかなかの好男子、
ボーイソプラノがすばらしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0637.JPG

白秋は、詩文評論の中で、
この歌を、以下のように
自身で評しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0638.JPG

「この何の不思議もない
当然のことを見過ごして
しまふ人は禍である。
実に驚嘆すべき
一大事実ではないか。
この神秘はどこから来る。
この驚きを驚きとする心からこそ
宗教も哲学も詩歌も自然科学も
生まれてくるのではないか。
この真理。この顕現。」
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0639.JPG

見過ごしてしまう人間は
禍(ふしあわせ)であるって、
言い切るところが白秋の凄いところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0641.JPG

何気ない毎日に、いくつもの驚きを
見逃しているような気がします。
 
慌ただしく過ぎていく師走ですが、
庭の風景をしばらく眺めることができました。

IMG_0975.JPG

2015年9月23日。

菊美人の蔵にて。
 
秋の彼岸は、祖先を敬い、
亡くなった人々を偲ぶ日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0968.JPG

今年の夏は、いろいろとありました。
義母や先輩・友人、大切な人たちを
亡くしてしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0969.JPG

思いもかけぬ人との別れに直面して、
呆然となる自分がいました。
 
義母は、スーパーおばあちゃん。
活動的な人で、
アフリカ旅行中に倒れてしまい、
一旦はもちなおしたものの、
帰らぬ人となりました。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0957.JPG

家族に看取られ、
自身としても
本懐な最期だったと思います。
 
東京での義母の葬儀は、
家族葬。
近しい者たちだけで。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0959.JPG

色んな気遣いも無用で、
義母のことだけを思い、
送ることができました。
 
地域のしがらみがあって、
その上、商売もしているのですから、
私の実家では、
到底できることではないのですが、
葬儀の本来の姿なのではと、
深く考えさせられました。
 
 
 
 

IMG_0966.JPG

それにしても、義母をはじめ、
先輩・友人、
大切な人たちを亡くしてしまった、
暑い今年の夏でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0965.JPG

魂のここぞとばかり
                せみしぐれ  加奈
 
義母をなくしてしまった
暑い夏に、頂いた句。

 

IMG_0370.JPG

2015年6月3日、水曜日。
菊美人の蔵にて。
 
菊美人の玄関先には、
夏つばき、けやき、かえで、百日紅。
樹木好きの父母の趣味。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0361.JPG

夏つばきは、朝に花が開いて、
夕方には花が落ちる一日花。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0366.JPG

木をよく見ると、
つぼみがいっぱい控えていて、
次から次へと咲いていきます。
生命力を感じる花で、
とても好きな花の一つです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0368.JPG

 

不思議なことですが、

アスファルトに花が落ちているを見て、

そして、木を仰ぎ見て
「ああ、今年も夏つばきが咲いた。
夏が来たなぁ。」と、
気づかされます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0374.JPG

夏つばきが咲くと、菊美人にも、
初夏の到来です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0364.JPG

夏つばき ぽとぽとと落ちて
 季節知る(俊介)

 

P2231212.jpg

2015年2月23日、月曜日。
菊美人の蔵にて。
一昨日、昨日と、
菊美人の一大イベント、
酒蔵びらきが無事に終了しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_4298.JPG

「週末は曇りのち雨。
春一番が吹くかも」という
天気予報(泣)。
 
荒天を覚悟していたのですが、
日曜日の午前中、
小一時間ほど小糠雨が降った程度。
本当によかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2652.JPG

想定以上のお客様に
おいで頂きました。
最高の人出でした。
 
大勢の日本酒ファン、
菊美人ファンが、
笑顔で、蔵のそこかしこで
お酒を酌み交わす様子に、
何度も涙腺が弛みました。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2689.JPG

「今年もおいしいね。ありがとう」と、
買って頂いたうえに、
感謝の言葉まで頂きます。
 
日本酒を造ることができることに、
心から感謝と喜びを感じることができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P2231225.jpg

来蔵のみなさま
本当にありがとうございました。
蔵は、これから大吟醸の搾りが始まります。
まだまだ、気の抜けない毎日が続きます。
 
さて、弊蔵の蔵びらき、
お楽しみの一つに、
「利き酒コンテスト」があります。
 
 
 
 
 
 
 
 

P2231227.jpg

6種類の唎きあてであること、
寒い野外での利き酒で香りが開かない、
ということもあって、
「菊美人」の利き酒コンテストは
むずかしいことで定評。
 
今年は406名のエントリー。
1問外しが16名。
全問正解が4名いらっしゃいました。
 
 
 
 
 
 
 

P2231244.jpg

答え合わせをホームページに掲載します。
大吟醸、純米吟醸、特別純米、
本醸造、上撰、九州男児の順に。
 
第1日目、2月21日
第一回 421653
第二回 オイエカアウ
第三回 BAFEDC
 
第2日目、2月22日
第一回 423561
第二回 イカエオウア
第三回 ADFCEB

IMG_42581.JPG

2015年2月19日、木曜日。
菊美人の蔵から歩いて1分、
矢部川の土手にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_4267.JPG

蔵びらき開催にあたって、
新酒を持ってご近所に挨拶まわり。
道すがらの矢部川の土手には、
もう菜の花。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_4265.jpg

「菜の花の遙かに黄なり筑後川」
(夏目漱石)
 
旧制五高(熊本大学)の
教師だった夏目漱石。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_42591.JPG

漱石が見た
「春の筑後の菜の花」の黄色は、
よほどの鮮烈さだったに違いない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_42621.JPG

この矢部川に、
菜の花が一面と咲く風景は、
菊美人の、そして私にとっての原風景。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0010005.JPG

「菊美人 春の純米」のラベルも
この風景をイメージしたもの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0010008.JPG

明後日は蔵びらき。
「春の純米」も売り出しです。

P2178521.jpg

今年の蔵びらきは
2月22日、土曜日。
そして、2月23日、日曜日。
10時から16時。
 
菊美人の玄関にも、
菊美人の付近の道にも、
酒蔵開放の案内看板が
立ちました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_1628.JPG
すでに、
いままでおいで頂いたお客様にも
ご案内のハガキを
発送済み。
 
今年で11年目を迎えます。
今では3000名以上の
お客様にもおいで頂き、
大変賑わっています。
ありがたいことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010.0221-1 155.jpg
さて、
菊美人にやってくるには、
いくつかの方法があります。
 
JR瀨髙駅(快速がとまります。
博多駅から50分)から、
当日は、ジャンボタクシー2台が
シャトルで巡回します。
車で5分。歩いて15分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P2178509.jpg
九州新幹線なら、
筑後船小屋駅から
車で10分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P2178493.jpg
西鉄柳川駅から、
車で15分。
 
九州自動車道なら、
みやま柳川ICから車で8分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010.0221 107.jpg
駐車場も、
蔵の付近にふんだんに準備。
矢部川の土手にも
駐められますから、
ご安心ください。
 
新しいお酒とともに
皆様のおいでを
お待ちしています。

IMG_2476.jpg

2014年
2月4日、火曜日。
 
今日は、旧暦の立春。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2478.JPG

一年を、立春、雨水、
啓蟄、春分、清明・・・と、
二十四節気(にじゅうしせっき)に分けて、
それをさらに3つの候に分けたのが、
七十二候(しちじゅうにこう)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2480.JPG

5日ごとに、
気候や自然の変化を知らせてくれます。
 
今の時期(2014年2月4日〜8日)は、
立春の初候、
「東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2479.JPG

この七十二候、
季節を敏感に表していて、
興味が尽きないところです。
 
これが、カレンダーになりました。
「旧暦で暮らす
七十二候カレンダー」(第一紙行)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2481.jpg

一候(5日)ごとに一枚のカレンダー。
 
季節に寄り添って生きている心持ちで、
毎日がわくわくしてきます。
木製スタンドも付いていて、
とてもセンスがいい。

20140201.jpg

おまたせしました。蔵開きのご案内です。
 
今年2014年は、
2月22日、土曜日、
2月23日、日曜日2日間開催です。
 
今年で11回目。
おかげさまで回を重ねるごとにお客様の数も増え、
昨年は3500人を超える
皆様にご来場頂きました。
 
ご来蔵頂くお客様が余りにも多くて、
お声掛けもできなかったこと、
きちんと応対できなかったこと、
ゆっくり酒造りを見て頂きたいこと、
ゆっくりお酒を味わって頂きたいこと。
昨年の反省をふまえて、2日間の開催としました。
 
2月のこの時期は、
一年間の中で一番、天候も不順で
雨や雪が降ったりするのですが、
酒造りの様子が一番よく皆様にお見せできるので、
敢えてこの時期に蔵開きをしています。
 
詳しくは、2014022223.pdfにて。
このPDFをコピーして、当日ご持参頂ければ、
お楽しみ抽選券を差し上げます。
 
社員一同、しぼりたての新酒とともに
皆様をお待ち申し上げます。

IMG_2362.JPG

2014年1月12日、
日曜日。午前12時。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2363.JPG

菊美人の蔵のある
みやま市瀬高町上庄地区。
矢部川の河川敷。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2365.JPG

今日は、「ほんげんぎょう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2367.JPG

松の内を終えると、
役目を終えた門松や注連縄をはずして、
そして一年すぎた神社のお札、お守りなどを
一箇所に持ちよって焼く
「ほんげんぎょう」という行事があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2373.JPG

日本全国で行われていて、
「どんど焼き」とか、
「左義長(さぎちょう)」とか
呼ばれているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2376.JPG

菊美人の地元、
上庄地区でも立派なやぐらができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2378.JPG

そのやぐらを燃やす火は壮大で、
その火にあたると無病息災、五穀豊穣
書き初めを焼くと字が上手くなると言われています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2380.JPG

町内こぞっての参加。
家内も婦人部として朝からお手伝い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2381.JPG

ぶた汁、ぜんざい、かっぽ酒の
ふるまいは、とてもおいしかった。

 

IMG_1956.JPG

2013年
11月20日、水曜日。
早朝。
菊美人の庭。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1957.JPG

窓からこぼれる
朝の真っ赤な日差しで
目が覚めました。
 
菊美人の庭の紅葉が、
赤く染まりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1960.JPG

昨日まで、
気づきませんでしたから、
急に色付いたようです。
 
背振の初冠雪も
昨日の19日だったようで、
例年より20日も早いとのこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1966.JPG

今年は、この前まで半袖だった。
秋を通り越して、
冬がやってきた感じ。
 
菊美人の紅葉も、
20日近く早い。
いよいよ、
酒造りが始まります。
忙しくなるなぁ。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1965.JPG

侘びつつも
 酒の粕焼く
       冬紅葉 椎本才麿

IMG_1774.JPG

2013年10月某日。
来年2014年の
楽しいカレンダーを見つけました。
 
陰暦のカレンダー
(第一紙行)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1775.JPG

陰暦とは、
お月さまの一周期を一ヶ月とする暦。
明治5年12月3日に、
太陽暦に変わるまで
1200年使われてきた日本の暦。
 
当時、大騒ぎだったでしょうね。
突然3日で、来年の元旦になるんですから(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1776.JPG

太陽暦は、4年に一度、2月29日という
「閏(うるう)日」がありますよね。
 
陰暦には、およそ3年に一度
「閏(うるう)月」があります
(正確には、19年に7回)。
一年が13ヶ月ってことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1778.JPG

来年は、九月と閏九月。
九月が2回あります!
とてもおもしろい。
 
旧暦は一ヶ月遅れと簡便に言っていますが、
例えば、中秋の名月は太陽暦で毎年、
違う日というわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1777.JPG

1日のことを「ついたち」というのは、
「お月様が現れる」
「月が立つ」「つきたち」から。
 
30日のことを「お月様が隠れる」
「月が隠(こも)る」から
つごもり」と言います。
12月31日を大晦(おおつごもり)と
言ったりします。
 
 
 
 
 
 

IMG_1780 2.JPG

日本はお月様とともに生きてきた
 
潮の満ち引きも、
女性のサイクルもお月様のサイクル。
俳句の季語だったり、祭りだったり、
今も陰暦は暮らしの中に息づいています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1779.jpg

慌ただしい毎日だから、
時折、月を眺めていたい
 
そう思いませんか。
 
 
 
 

IMG_1201.jpg

2013年
8月17日、土曜日。朝6時。
菊美人の蔵にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1194.jpg

蝉の喧噪で目が覚めるような、
木立の中で就寝しています。
(これは決して自慢ではなく、
それだけ田舎ということです。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1197.JPG

暑い暑いといっているけれど、
風があきらかに変わりました。
風が柔らかくなった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1202.jpg

昨日は、
ツクツクボウシの声。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1198.jpg

秋来ぬと
 目にはさやかに見えねども
 風の音にぞ おどろかれぬる
秋のきざしは、
はっきりと目には見えないけれど、
そよぐ風で秋の気配に感づいた。
  古今和歌集、藤原敏行《ふじはらのとしゆき》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1190.JPG

季節は立秋。
お盆も終わりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1192.JPG

少しずつですが、
しかし確実に、
季節は進んでいるようです。
 
(手紙は昨年のお取引先様へのもの)
 
 

 

IMG_1100.jpg

2013年
8月2日、金曜日。
 
暑い日が続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1101.JPG

この「暑い」への副詞は、
「とても」とか「すごく」とかではなくて、
「恐ろしく」が正しい(笑)。
 
恐ろしく暑い日が続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1147.JPG

なんだか空に大きな蓋があって、
地面から立ち上る蒸気が逃げ切れず、
身体にまとわりついてくる。
吸う息も熱い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1146.JPG

「土いきれ」
 
「熱《いき》れ」と書きます。
 
蒸されるような熱気のこと。
草むらから立ち上る熱気を「草いきれ」。
満員電車の熱気を「人いきれ」なんて、
言いますよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1145.JPG

菊美人の蔵の庭。
木々は今を盛りと、
ますます緑を濃くしています。
 
(写真上二枚は、
この日の博多駅周辺。
下三枚は菊美人の庭。)

IMG_0869.JPG

2013年
7月11日、13日、16日の
3日間にわたって、
その日の朝に畑でちぎった
「朝ちぎり」のウリ
やってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0870.JPG

菊美人の蔵のあるみやま市は、
「白ウリ」の名産地。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0871.JPG

今年も、契約している
栽培農家の畑から
直接「ウリ」が運び込まれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0877.jpg

その新鮮な「ウリ」を、
その日のうちに塩漬けします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0875.JPG

これから第1回目の漬け込み、
2回目の漬け込みを経て
奈良漬ができあがります。
 
菊美人の奈良漬、
この2度の漬け込みがおいしさの秘密。
酒粕をふんだんに使うのが特徴。
 
砂糖やみりんなどの甘味料は、
一切使用していません。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0882.JPG

カリカリの食感の
できたての奈良漬。
 
今年は8月5日(月曜日)より
発送開始です。
ご予約は本日より。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0879.JPG

5㎏樽、約10舟入りで
税込 4,500円です。
 
地方発送も致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050086.JPG
このホームページの
オンラインショップ、
お電話 0944-62-3001
メール info@kikubijin.co.jp
にて受け付けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020312.jpg
菊美人酒蔵の自慢の
奈良漬です。
 
是非一度お試し下さい。

 

IMG_0783.JPG

2013年
7月10日、水曜日。
 
今年の梅雨は、
あっという間でした。
 
朝晩しのぎやすい日が続いて、
梅雨特有の鬱陶しさが
あまりありませんでしたね。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0784.JPG

梅雨明けの
白南風(しらはえ)の風
吹きました。
 
南風と書いて「はえ」と読みます。
(東風は「こち」ですよね。)
梅雨の風を「黒南風(くろはえ)」。
梅雨が明ける風を「白南風(しらはえ)」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0732.JPG

雲の色から由来しています。
この写真は、7月2日、
梅雨の最中の雲。
真っ黒で、
まさに「黒南風」ですね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0858.JPG

北原白秋に「白南風」
という歌集があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0848.JPG

序文を引用してみます。
『白南風は送梅の風なり。
白光にして雲霧昻騰《こうとう》し、
時によりて些《いささ》か
小雨を雑《まじ》ゆ。
鬱すれども而《しか》も既に輝き、
陰湿漸《ようや》くに霽《は》れて、
愈々《いよいよ》に孟夏の青空を望む。
以下略。』
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0853.JPG

歌集「白南風」は、
昭和9年、白秋晩年の作品。
 
夏雲が薫蒸するように、
白秋の詩作も豊熟していました。
 
 
(左写真は、7月11日、
東京ー佐賀ANA便にて、
上空より矢部川上庄地区を眺める。)

IMG_0733.JPG

2013年7月3日、
水曜日。午後2時。
菊美人の蔵にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0736.JPG

九州筑後は、
朝から厚い雲に覆われて、
今にも雨が降り出しそうな天気。
空気がとても重かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0737.JPG

お昼から、カミナリとともに、
降り出しました。
あっというまの豪雨
 
蔵の水路から水があふれています。
菊美人の蔵が雨に煙っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0739.jpg

日本の七十二候によると、
(一年を四つに分けて四季、
二十四に分けて二十四節気、
七十二に分けて七十二候といいます。)
ちょうど今の7月1日から5日は、
二十四節気「夏至」の末候、
「半夏生ず(はんげしょうず)」
 
半夏(はんげ)に降る雨を
半夏雨(はんげあめ)といって、
大雨になるとされています。
 
 
 
 
 
 

IMG_0735.JPG

昨年の北部九州大水害、
7月14日も、
豪雨から浸水まであっという間でした。
(なんせ前夜は、中洲で飲んで、
新幹線で何事もなく、
帰ってくることができたのですから。)
 
 
大雨の季節です。
みなさんご注意を。

IMG_0454.JPG

2013年6月6日、木曜日。
菊美人の蔵にて。
 
今年は日本全国、
梅雨入りが早かったようです。
九州筑後は、5月27日。
平年より9日も早かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0482.JPG

およそ一ヶ月半、
うまく雨とつきあいながら、
体調管理していきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0447.JPG

さて、菊美人にも
夏がやってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0452.JPG

蔵での夏の到来を
知らせてくれるのは、
玄関先の「夏つばき」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0485.jpg

見上げてみると、
たくさんのつぼみと白い花。
 
毎日、朝に咲いて、夕べに花を落とし、
次々に咲いていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0455.JPG

梅雨に入ったとはいえ、
四六時中、雨降りであろうはずもなく、
切れ目に見える青空を
殊更大切にしていきたいものです。
 
 道ばたに
  落ちた花見て
   夏を知る

 

IMG_0478.jpg

2013年6月3日。
菊美人の蔵にて。
夏の季節になりました。
「菊美人 夏の純米」発売です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0483.jpg
今年の春できた特別純米酒。
生で低温びん貯蔵していたものを、
びん火入れしてお出しします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0458.jpg
度数も通常の特別純米と
比べて1度軽くしていますので
さわやかです。
 
キンキンに冷やして飲んでください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20110706.jpg
イメージは、
「日本のため池百選」にも選ばれた
菊美人のあるみやま市の
「蒲池山ため池」に
乱舞するホタル。
 
ホタル舞う瑠璃いろの夜に、
涼風が口の中を
通り過ぎていくような
夏の特別純米酒です。
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0394.JPG
8月までの夏季限定酒。
今年は300ML瓶も新発売。
 
300ML瓶で、税込525円。
720ML瓶で、税込1208円です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0459.JPG
ご注文は、
ホームページからのご注文、
電話0944−62−3001での
ご注文。(平日8:00〜5:00)。
ファックス0944−62−2168での
ご注文。
 
是非、「菊美人 夏の純米」
お試し下さい。

IMG_0326.JPG

2013年
5月24日、金曜日。
東京出張の道すがら。
 
今年の5月は、
いつもに増して夜が忙しかった。
5月は総会月。
それに出張も重なった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0328.jpg

ほぼ毎夜、外食にお酒。
今日で11日連続(驚)。
宴会やパーティがあっても、
酒を断ればいいものを、
なかなかそうはいかない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0329.JPG

酒に意地きたないのか、
造り酒屋の悲しいさがなのか、
目の前に酒をどうぞと
出されると知性より情が勝つ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0330.JPG

いわんや「おたくのお酒ですよ」なんぞ
言われようものなら、
「そうですよねーー。」と盃が進む。
 
結局、毎晩飲んでいるという具合。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0332.JPG

泥酔の詩人、山頭火は、
自分が酔っていく様を
「まず、ほろほろ。
それから、ふらふら。
そして、ぐでぐで。ごろごろ。
ぼろぼろ。どろどろ。」と表現したが、
毎日、私も『ふらふら』くらいは
飲んでいる(涙)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0340.JPG

『五月かな ものみな天を 目指すなり』
つばめが5月の空高く飛ぶさまを見て
高浜虚子は歌った。
しゃきっと姿勢がよくなる感じで、
好きな歌だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0338.JPG

5月はあと数日。
 
やがてくる梅雨までの、
残りすくないさわやかな季節を
大切に過ごしていこう。

 

R0010070.jpg

2013年2月9日、土曜日。
朝8時。
菊美人の蔵にて。
 
今日は、
2月の最初の午《うま》の日。
初午《はつうま》。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ra0010073.JPG
菊美人の蔵の敷地には、
「お稲荷」さんの
「ほこら」があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ra0010075.jpg
毎年、初午の日には、
神職に来て頂いて、
皆で参拝。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ra0010078.JPG
御神酒と油揚げ、そして卵を
お供えします。
 
油揚げは
稲荷社の眷属、キツネの
大好物ということでの奉納。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ra0010080.jpg
眷属《けんぞく》とは、
神様の代わりの使者のこと。
キツネは稲荷神社の
神の使いということです。
 
キツネの置物が
ユーモラスでかわいい。
 
家内安全、商売繁盛を
皆で祈願。

R0020998.jpg

2012年
10月11日、木曜日。午後2時。
福岡県糸島市、JA糸島。
 
今日は、県酒造組合の事務局と
連れだってJA糸島へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020992.JPG

今年の「山田錦」を見学に。
「山田錦」は、言わずと知れた
日本最高峰の酒造好適米。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020993.JPG

大吟醸、純米大吟醸、
吟醸、純米吟醸クラスのお米。
一般の米と比べると大粒米で、
心白の出現率もピカイチ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020994.JPG

この山田錦、収穫量
全国一位が兵庫県、二位が岡山県、
三位が我らが福岡県ということは
あまり知られていない事実。
 
福岡県は山田錦が
安定的に豊富に
収穫できるということで、
酒造りにとても恵まれているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020996.JPG

この山田錦、
県内での主産地は「糸島」地区。
朝夕の寒暖差のある丘陵地帯。
 
いよいよ来週の収穫を控えて、
今日は山田錦の「坪刈り」の日。
 
「坪刈り」とは、
田地一坪の稲を刈り取り、
それを基礎として
全体の収穫量を算出したり、
出来具合をたしかめる作業。
 
 
 
 
 

R0021010.JPG

山田錦は、稲の背が高く、
米粒も大きいため、
収穫期になると
このように稲が倒れてしまいます。
 
台風で倒れてしまっている
のではありません(笑)。
倒れているのは、
粒が大きくて良い証拠。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021009.JPG

生産者の方からは、
今年も心白も多く、大粒米。
いいお米ができたとのことでした。
 
菊美人もいい大吟醸つくります。

 

R0020989.JPG

2012年
10月11日、木曜日。
菊美人の蔵にて。
近しい方より頂き物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020990.JPG

一つは「小さい秋」。
青蜜柑です。早生みかんのこと。
ジューシーで酸味が効いています。
 
こたつで食べる
冬のみかんもいいけれど、
秋ならではの小粒のみかん。
 
季節感があって、
若くて爽やか。
 
 
 
 
 
 
 

R0021108.JPG

もう一つの頂き物は「大きい秋」。
荒尾梨。
新高(にいたか)と呼ばれるもの。
 
1個1キロの重さ。
とても高価。一箱頂きました(汗)。
7個入り。1万円はします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021110.JPG

この荒尾梨。
もちろん熊本県荒尾の特産。
びっくりするほど糖度が高い。
切ったはなから、
果汁がしたたり落ちます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021028.JPG

田舎に住んでいて、
かつ商売をしているとなると、
ご近所などの人とのおつきあいが、
毎日生きていくうえで、
少なからずのウエイトを占めていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020991.JPG

逃げ出したくなるほど、
わずらわしいときがあるのも事実。
共同作業や公民館行事など、
なにしろ、田舎は、
休日の出ごとが実に多い(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021111.JPG

反面、いいことも沢山。
とりわけ、
おいしいものの
お裾分けはうれしいこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021114.JPG

折々の季節に、
折々の食べ物がタダで頂ける(笑)。 
これ以上の幸せはない。
 
田舎も捨てたモノではありません。

 

R0020640.JPG

2012年
9月12日、水曜日。
午後。
 
「月日は百代の過客」とは、
よく言ったものです。
季節はあっという間に
過ぎ去っていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020641.jpg

一年を二十四の季節に分ける
二十四節気によると、
今は「白露(はくろ)」。
 
草木に朝露がつくことで、
昔人は秋の気配を感じたのですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020644.jpg

まだまだ日中の残暑は
厳しいのですが、
朝晩はびっくりするほど
しのぎやすくなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020636.JPG

空の雲も夏の入道雲から、
絹のような雲、秋の雲へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020638.JPG

今日の夕方の空は面白かった。
 
写真は西鉄柳川駅の渡線橋から
東方、清水山方面を撮影。
 
空の上方には絹雲。
下方からは湧き立つ入道雲。
夏と秋が混在する空。

R0020300.JPG

2012年
8月13日、
月曜日。午後。
 
菊美人の蔵から
歩いて5分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020309.JPG

みやま市瀬高町上庄。
浄土真宗大谷派、
「西念寺(さいねんじ)」。
 
菊美人、江崎家の菩提寺。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020304.jpg
家内は、
朝のうちにお墓の掃除とともに
お参りをすませていたので、
私と子ども達での
お墓参りとなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020306.JPG
ご先祖の皆様に、
こども達の様子と
一年の無事をご報告、
お礼のご挨拶。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020311.JPG
江崎家のご仏壇には、
お迎え団子を
お供えして、
ご先祖の精霊を、
お迎えします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020310.JPG
うちのお迎え団子は、
丸い平べったいおもち。
 
ご先祖様をお迎えした後は、
家族みんなで、頂きます。

R0020313.JPG

2012年8月7日、火曜日。
午前8時。
奈良漬の本漬けの日。
 
菊美人の蔵のあるみやま市は、
筑後一円からも買い付けにくるほどの
良質な「白ウリ」の産地。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050086.JPG
菊美人の酒蔵も、何十年にわたり、
蔵に伝わる製法で奈良漬を
毎年漬けています。
 
今年は、7月17、19、21日の
三日間にわたり、
その日の朝ちぎったウリが
やってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050015.JPG
その新鮮なウリを、
その日のうちに塩漬けします。
 
2日間塩漬けした後、
一枚、一枚きれいに拭き上げます。
そして、菊美人の酒粕に漬け込みます。
(第1回目の漬け込み)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050019.JPG
第1回目の漬け込みは、
風味が増すように贅沢にも大吟醸の酒粕で
漬け込みます。
 
ご家庭など一般には、
この1回目の漬け込みで
奈良漬はできあがりです。
 
菊美人の奈良漬は、
さらに二週間後、
新しい酒粕に漬け直します。
 
 
 
 
 
R0020193.JPG
酒粕をふんだんに使った奈良漬が
「菊美人の奈良漬」の特徴です。
 
酒粕の風味の良さが増して、
カリカリとした食感が味わえます。
 
8月7日はその2回目の
漬け込みの日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020192.JPG
一回目で大吟醸の酒粕に
漬け込んだうりを
一枚一枚取りだします。
 
さらに、一枚一枚、
きれいに拭き上げて、
新しい酒粕に漬け込みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020195.jpg
これは、
ウリを漬け込んで残った
1回目の大吟醸の酒粕。
 
この酒粕にそのまま野菜を、
入れるだけでおいしい浅漬けが
できあがるので、便利で評判。
 
ご近所にただでお譲りしています。
すぐ無くなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020197.jpg
5㎏樽、約10舟入りで
税込 4,500円。
 
もう食べ頃ですし、
半年間以上おいしく頂けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020196.JPG
奈良漬けと一緒に入っている酒粕は、
キュウリ、ダイコン、ナスなどを
塩を少々まぶした後、漬けておくと
5〜6日でおいしく頂けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020312.JPG
蔵においで頂くのは勿論、
このホームページのオンラインショップ、
お電話 0944-62-3001
メール info@kikubijin.co.jpにて受付。
 
菊美人の自慢の奈良漬。
是非一度お試し下さい。

DSC01460.JPG

2012年
7月24日、火曜日。
夜8時。
 
菊美人の蔵のある地元、
みやま市瀬高町上庄地区。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC01466.JPG
上庄地区に
380年伝わる夏祭り、
上庄祇園祭が
始まっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020120.JPG
今日が4日目。
メインイベントの
大人形祭が始まりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC01461.JPG
筑後地方の奇祭。
 
背丈3メートルほどある、
二体の大人形。
 
この大人形の股をくぐると、
一年間無病息災。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020119.JPG
夜の闇に、夜店のあかり。
そのあかりに魅せられて、
みんなが集まってくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020122.JPG
こども達の
金魚すくいをする
この真剣な顔。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020124.JPG
いくつになっても、
どきどきわくわく。
 
祭りは楽しい。
 

R0020102.JPG

2012年
7月21日、土曜日。
夜7時半。
 
上庄祇園祭、初日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020103.JPG
祇園祭の初日の夜は、
大提灯が、上庄の町内を
練り歩きます。
 
この大提灯、
福岡県の有形文化財。
保存会の皆さんが、
毎年3ヶ月をかけて作成。
毎年一体が奉納されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC01463.JPG
今年の図柄、歴史絵は、
新田義貞、稲村ヶ崎突破の図」。
 
新田義貞が太刀を
海に投じたところ、
龍神が潮を引かせる
「奇跡」がおきて、
進軍できたという
「稲村ヶ崎」突破。
 
 
 
 
 
 
 
DSC01464.JPG
灯りがともると、
きらきらと虫の羽や魚の鱗で
作った図柄が輝いて、
なんとも幻想的。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020106.JPG
今年も上庄小学校の
上級生たちが
保存会の皆さんの指導で、
小さな提灯も
できたようです。

 

R0020085.jpg
7月21日、土曜日。
午前11時。
 
7月上旬まで、
降り続いた雨が嘘のように、
いきなり夏がやってきました。
うだるような暑さです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020087.JPG
菊美人の蔵がある、
みやま市瀬高町上庄。
 
菊美人の蔵から
歩いて1分。
 
上庄八坂神社。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020088.JPG
 
380年も続く
伝統あるお祭り、
地元、上庄の祇園祭が
始まりました。
 
今日から5日間にわたり開催。
 
 
 
 
 
上庄地区でも床上、床下浸水の
被害を被った家屋もあり、
祭りの開催を危ぶむ声もありましたが、
元気を出そうと予定通り開催を決定。
 
 
 
 
 
 
R0020089.JPG
特に24日の
「大人形祭」は、奇祭として有名。
 
二体の大人形の、股をくぐると、
一年間、無病息災。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020096.jpg
今日は、関係者が
集まっての神事。
 
毎年、
菊美人も地元の
代表酒として奉納。
 
二礼二拍手一礼。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020100.JPG
神事が終わると
「直会(なおらい)」の儀式。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020101.jpg
ご神前に上がった
お供え物の食事と
御神酒を頂きます。
 
お謡いを三番、
謡って寿ぎます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0020099.jpg
ありがたく皆で、
奉納された
菊美人を頂きました。

R0019954.JPG

2012年
7月17日、火曜日。
午前。
 
ご心配をおかけしました。
菊美人の蔵の様子。
このとおり大丈夫です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019955.JPG

14日の大水害から一転、
晴天がこの3日ほど続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019957.JPG

矢部川の水もすっかり引いて、
普段の水位に戻りました。
 
川のあちこちには
流木がたくさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019960.JPG

驚くような大木が
上流から流されてきていて、
水害の恐ろしさを痛感します。
 
河川敷や川には、大量の泥。
川の流れも変わっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019964.JPG

時間が経つにつれ、
周囲の水害の様子がわかってきました。
 
決壊した水が入ってきたところは、
微粒な泥が堆積。
大変なことになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019963.JPG

今朝より社員全員で総点検。
蔵は、釜場のボイラー室が水没、
槽場が冠水。
 
大事には至りませんでした。
 
蔵の復旧はめどがたちましたが、
まちの復旧は
まだまだ時間がかかりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019961.JPG

お取引先や、知り合いの企業には
相当の被害が出ているところも。
 
残念ながら、
今週末の7月20日の
「みやま花火大会」も延期。
やむなし。

DSC01453.JPG

2012年
7月14日、土曜日。
 
深夜から断続的に
激しい雨が降り続きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC01458.JPG

先日から、九州地方には、
気象庁が発表したように
これまでに経験したことのない大雨」が、
降り続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019930.JPG

早朝8時、
菊美人の蔵から
すぐの矢部川の様子。
すさまじい勢いの濁流。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019927.JPG

今にも橋桁に届きそうな水位。
ここまでの水位、
今までに見たことがありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019936.JPG

お昼近くには、
矢部川の支流が決壊。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019943.JPG

菊美人のある上庄地区にも
水が流れ込みはじめ、
国道443号線も冠水。通行止め。
 
同じ町内でも、床上浸水。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019947.JPG

午後になると、
矢部川の本流が、
柳川市六合地区で決壊。
 
一級河川が決壊するのですから
本当に大変な事態です。
 
私の今までの人生の中でも
こんな経験はありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019939.jpg

幸い、菊美人の蔵は、
釜場のボイラー室、
槽場の一部が冠水しただけで、
大事には至りませんでした。
 
沢山の方から、
安否を気遣う
お電話、メールなど頂きました。
 
社員、家族、蔵、無事です。
ありがとうございました。

R0019646.JPG

2012年7月1日、
日曜日。
 
梅雨前線の停滞に伴って、
九州筑後地方は、
連日の雨。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019648.JPG

今日は朝から、
熊本県阿蘇方面。
 
酒類全般を納品させて
頂いているゴルフ場へ
夏のビール杯の打合せ。
 
熊本インター付近から、
阿蘇へ向かう途中から、
結構な量の雨と深い霧。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019651.JPG

七十二候によると、
季節は今日から、半夏生。
「はんげしょうず」と読みます。
 
梅雨のど真ん中に
あたります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0019650.jpg
ゴルフ場は、
残念ながら
大雨と霧にたたられてクローズ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019649.jpg

ジュニア大会を間近に控えて、
ラウンドに来ている子ども達も
霧が明けるのを待機中。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019652.JPG

「半夏生」に降る雨を、
「半夏雨(はんげあめ)」。
そのまま大雨になったりします。
 
もうたいがいで、
梅雨も明けて欲しいものです。
 

R0019345.jpg

2012年
6月12日、火曜日。
 
菊美人の蔵の玄関にて。
 
いよいよ九州は、
梅雨入り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019350.jpg

雨模様を心配して、
空を見上げる回数も
増えてきました。
 
梅雨入り宣言とともに、
菊美人の蔵の玄関には、
夏ツバキが
咲き誇り始めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0019340.JPG
サザンカのように
花がひらひらと一枚一枚
落ちるのではなくて、
冬のツバキと同じ。
 
ボトボト花が
そのまま萼《がく》ごと落花。
 
夏ツバキと言われる所以。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0019343.jpg
このように
たくさんのつぼみが
開花を待っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0019338.JPG
夏ツバキ、
真っ白な花。
 
一日しか持ちません。
 
朝に咲いて、
夕方には落花。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0019344.JPG
じっとりと湿度の高い、
梅雨のうっとうしさを
なごませてくれる
さわやかな花です。
 

R0019192.JPG

2012年
5月28日、月曜日。午後。
 
菊美人の蔵から歩いて10分。
 
矢部川の土手より、西、
柳川市三橋町を望む。
 
秋にはダイズが
植えられていた畑には、
麦がしっかりと
黄金色の穂を実らせました。
 
 
 
 
 
 

R0019193.JPG

今の季節は、二十四節気では、
小満《しょうまん》」。
 
物の本によると、「小満」とは、
日ごとに上昇する気温に合わせ、
万物の成長が著しい時期。
あらゆる生命が天地に
満ち始めるということ。
 
やがてくる梅雨を思うと、
今の季節が一層大切に
思えてきますね。
 
 
 
 
 
 

R0019188.JPG

その「小満」を三つに分ける
七十二候では、
まさに今の時期
(5月31日〜6月4日頃)
が「麦秋至」。
 
むぎのときいたる」と読みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019187.JPG

よくこの季節を
麦秋(ばくしゅう)」といいますが、
この「秋」は、
麦が一面に黄金色になって
季節が秋のようになる
ということではないようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019191.JPG

「秋(とき)がきた」、
「危急存亡の秋(とき)」
というときに使う「秋」で、
麦が収穫のとき(秋)を迎えた
ということ。
 
日本語は楽しいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019158.JPG

梅雨を目の前にして、
農家のかたたちは、
短い晴れの日を狙って
麦の収穫に追われます。
 
田畑を広く持っている
うちの工場長も
麦の収穫で、
今日は休暇届。

R0019136.jpg

2012年
5月19日、土曜日。
午前11時。
 
菊美人の蔵にて。
 
今日は、祖母伊都子、
大叔母澄の
七回忌法要の日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019097.JPG

二人とも長寿。
長く私も一緒に同居。
 
たまたま、
同じ年の3月と5月に逝去したため、
本日二人の七回忌。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019099.JPG

江崎家は浄土真宗。
近隣の大谷派、西念寺が菩提寺。
 
西念寺、ご住職より
読経を頂きました。
阿弥陀経を読んで頂き、
正信偈(しょうしんげ)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019100.JPG

この正信偈、
熱心に唱えることのできる方が
父母の時代の方々には多い。
 
親鸞聖人の教えが、
正信偈(しょうしんげ)。
 
ご住職によると、
7句120行、
840文字になるそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019137.jpg

ご住職の読経とともに、
昔日の祖母・大叔母の
やさしい姿を
思い出すことができました。
 

R0018906.JPG

2012年5月5日。
 
みやま市瀬高町上庄、
菊美人の蔵にて。
 
「お宅は、男の子が3人いるから、
端午の節句のお祝いをしなきゃ」と、
親しくして頂いている
Kご夫妻から、頂き物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018902.jpg

父(79)、私(50)、
長男(17)へ。
ちまきと柏もち。
 
ちまきは、
竹笹にくるまれていて、
昔は保存食。
 
今は、お菓子化しています。
ういろうみたいでおいしい。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018903.JPG

柏もちは、カシワの葉が
新芽が育つまで
古い葉が落ちないことから
家系が途切れない
「子孫繁栄」の縁起物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018909.JPG

あんこも入って大好物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018904.JPG

柱のきずは おととしの
五月五日の 背くらべ
ちまき食べ食べ 兄さんが
計ってくれた 背のたけ
きのふ比ベりゃ 何のこと
やっと羽織の 紐のたけ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018908.JPG

家族みんなで、
端午の節句の
お祝いをしました(笑)。
 
Kご夫妻、
ありがとうございました。
 
おいしかった。

R0018735.jpg

2012年4月某日。
午後2時。
 
柳川市のお堀。
 
花見頃の陽気の良い日、
お昼から花見を兼ねての
恒例の集まり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018739.jpg

ただの飲み会では
ありません。
柳川の「舟下り」を
楽しみながらの会。
 
お大尽舟。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018738.jpg

気の知れた友人たちと、
陽光を浴びた新緑の美しい
柳川の堀に繰り出します。
 
お酒や酒肴は、
自分たちで調達。
舟上が、
豪勢な宴席に早変わり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018740.JPG

新緑を眺め、
早春の水の匂いを感じて、
船頭さんの柳川弁をききながら、
うなぎめしに舌鼓をうつ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018741.jpg

五感をいやす舟の旅は、
日頃の繁忙を
忘れさせてくれます。
 
すれ違う観光客を
のせた舟からは、
羨望と感嘆の声が
聞こえてくるのも
楽しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018736.jpg

仲間を誘えば、
舟代も
ワリカンで安上がり。
 
柳川観光、
是非お薦めの技。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018743.jpg

船頭さんによると、
中秋の名月の頃、
夜の舟下りも
風情があるとのこと。
 
誰かご一緒しませんか(微笑)。