醸造祈願  日本酒の日の櫛田神社

2021年10月1日。 博多の総鎮守、博多山笠で有名な櫛田神社。   10月1日は日本酒の日。 福岡県の酒蔵一堂に集いました。 &n...

糸島の恵み  福岡県産山田錦の圃場

2021年9月29日 朝8時 福岡県糸島市において             ...

快哉をさけぶ  県鑑評会知事賞受賞

2021年9月3日 酒蔵にて   本日、第九回福岡県酒類鑑評会、 受賞酒発表。 受賞酒リスト.pdf コロナ禍で昨年は審査ができず ...

夏つばき咲く  菊美人の玄関

2021年6月19日、 菊美人の蔵にて。   ようやく緊急事態宣言解除。 この一ヶ月、 ほんとにお酒が動きませんでした。 &nbs...

   ギフト用菊美人

菊美人酒造ブログ

醸造祈願  日本酒の日の櫛田神社

 

IMG_2413.jpeg

2021年10月1日。
博多の総鎮守、博多山笠で有名な櫛田神社。
 
10月1日は日本酒の日。
福岡県の酒蔵一堂に集いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2416.jpeg

境内には、福岡の酒蔵の飾り樽がずらり。
 
コロナ禍に負けず酒造りの祈願を
皆で行いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00672.JPG

福岡県酒造組合会長としての
私の挨拶は以下の通り。
 
まずもって、櫛田神社、阿部宮司におかれましては、
我々酒造家に対しまして格別のご配慮を頂きまして
厚くお礼申し上げます。
 
また、このような会を催すことができるのは、
石蔵酒造さまの櫛田神社さまへの日頃からの
篤信のおかげ、信仰の厚さのおかげということを
みなさまにお伝えする次第です。
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC007311.jpg

また本日は、
平井康夫福岡国税局長、
宮崎英樹酒類監理官にもご参加頂きました。
 
櫛田神社さまのご配慮で、境内には、
にぎにぎしく県下の樽を飾って頂き、
社殿の中には、ずらりと福岡の日本酒が並んでいます。
 
蔵元、杜氏ともに、本日、
すがすがしい気持ちで醸造祈願祭を終えることができました。
 
このように神さまからのご加護を頂き、
いよいよ酒造りへ身が引き締まる思いであります。
事故や怪我がないように、気を引き締めて各お蔵、
和をもって酒造りに励んで頂きたいと思うところです。
 
また、本日より緊急事態宣言が
当県でもようやく解除されました。
皆さんの思いと同様、酒類の自粛に対して
言いたいことは山ほどあるのですが多くを申しません。
大人ですから。
少しずつでしょうが飲食店にも活気が戻り
お酒の需要も回復基調になると期待しております。
この厄災をお櫛田様の御加護とともに
皆で乗り越えていきたいと存じます。
 

写真㈫.jpg

2021年9月29日 朝8時
福岡県糸島市において
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

写真㈬.jpg

菊美人の大吟醸酒、
純米大吟醸酒、純米吟醸酒の
原料米となる酒造好適米
「山田錦」の圃場にやってきました。
 
8月の長雨や台風の影響もなくて
立派に育っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

写真㈪.jpg

豊かな大地の恵みを
感じることができました。
 
いよいよ酒造りも始まります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

写真㈰.jpg

写真の私の相方は
糸島酒米部会の堀田会長。
 
撮影スタッフが同行してくれました。
どんな動画ができるか
後日お知らせします。
 
乞うご期待。

 

爪くれないの花  秋の純米ひやおろし発売です

 

IMG_2357.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021年9月9日 菊美人の酒蔵にて。
 
なやましき晩夏(おそなつ)の日に
夕日浴び立てる少女(をとめ)の
余念なき手にも揉まれて
やはらかににじみいでたる
色あかき爪(つま)くれないの花
 「断章」白秋(明治41年)
 
白秋23才の時の歌。
この歌は世にはあまり知られていませんが、
私の好きな歌のひとつ。
 
爪(つま)くれないはホウセンカのこと。
小さい頃、女の子がホウセンカで
爪を赤くして遊んでいたのを思い出します。
 
ここでは、晩夏を「おそなつ」と詠んでいます。
白秋はこれと同じように
新春を「にいはる」と詠んだり
自在に言葉をあやつる天才でした。
 
さて、この晩夏(おそなつ)に、
恒例の「秋の純米ひやおろし」販売いたします。
 
春に搾った新酒が蔵の中で夏を越し、
ほどよく熟成し、
まろやかな味わいとなりました。
このお酒を外気が冷えて
蔵の温度と同じくらいになる秋に
大桶から小桶に卸し瓶に詰めたものを
「ひやおろし」といいます。
 
秋のこの時季にしか
飲むことのできない特別純米酒です。
是非ともご賞味ください。