絶景かなァ、絶景かなァ。 楼門五三桐(さんもんごさんのきり)

2016年4月4日、月曜日。 福岡、東京ともに桜満開の中での出張。 いたるところで、満開の桜。心が躍る。     &nbs...

旧暦の元日  2016年2月8日

2016年2月8日。 菊美人の蔵にて。   今年の2月8日は、旧暦の元旦。 旧暦では、新しい年の始まりです。   &nb...

東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)  2016立春

2016年2月4日、立春。 菊美人の蔵にて。   ついこの前まで 「おめでとうございます」と、 新年の挨拶をかわしていましたのが、 ...

今年も2日間の開催です!  2016 菊美人酒蔵びらき

おまたせしました。蔵開きのご案内です。   今年2016年は、 2月20日、土曜日、 2月21日、日曜日の2日...

とよとよとありて、またたのたのと  2016元旦

2016年1月1日。 菊美人の蔵にて。              ...

   奈良漬け

菊美人酒造ブログ

絶景かなァ、絶景かなァ。 楼門五三桐(さんもんごさんのきり)

 

IMG_1601.JPG

2016年4月4日、月曜日。
福岡、東京ともに桜満開の中での出張。
いたるところで、満開の桜。心が躍る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1588.JPG

歌舞伎「楼門五三桐
(さんもんごさんのきり)」を思い出す。
 
石川五右衛門の名台詞だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1589.JPG

「絶景かなァー、絶景かなァー。
春の眺めは、
値千金(あたいせんきん)とは、
小せぇ、小せぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1590.JPG

この五右衛門の眼から見れば、
値万両(あたいまんりょう)、
万々両(まんまんりょう)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1592.JPG

日も、はや西に傾(かたぶ)きて、
雲と棚引(たなび)く、
桜花(さくらばな)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1593.JPG

あかね輝く、この風情(ふぜい)、
ハテ麗(うら)らかな、
眺めだなァーー!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1596.JPG

この有名なセリフ、
まさにドンピシャのこの季節。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1597.JPG

夕暮れ時の満開の桜を
悠然と眺めながらの、
京都、南禅寺の山門の上で、
石川五右衛門、
キセルをふかしての名ゼリフ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1598.JPG

飛行機から見る筑後の山々は、
いたるところに桜色。
 
有明の海も干拓も
新緑とともに、絶景だった。

旧暦の元日  2016年2月8日

 

IMG_1387.JPG

2016年2月8日。
菊美人の蔵にて。
 
今年の2月8日は、旧暦の元旦。
旧暦では、新しい年の始まりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1386A.JPG

春節で爆買いの中国人が、
日本に押し寄せているとテレビ。
「春節」とは、
そもそもお正月休みのことです。
 
中国ではいまだ旧暦を
大切にしているんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1385A.JPG

旧暦とは「太陽太陰暦」のこと。
新月が1日(月が立つ日ですから、
月立ち→ついたち)、
15日が満月、そして30日が新月
(月が隠れる日ですから、月ごもり→つごもり)。
 
月の満ち欠けとともに暦が動きますから、
わかりやすいですよね。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1384A.JPG

このカレンダーは秀逸です。
もう3年使っています。
 
旧暦を生活に取り入れると、
四季と共に暮らしている実感があります。
 
第一紙行「七十二候カレンダー」。
皆さんもいかがですか。

 

東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)  2016立春

 

IMG_1358.JPG

2016年2月4日、立春。

菊美人の蔵にて。
 
ついこの前まで
「おめでとうございます」と、
新年の挨拶をかわしていましたのが、
あっという間の、今日は立春。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1386.JPG

七十二候では、
「東風凍を解く
(はるかぜこおりをとく)」季節です。
 
「東風」は「こち」とも読みますが
(「こちふかばにほひおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ」は菅原道真)、
この場合、「はるかぜ」と読ませています。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1388.JPG

もともと「東」は「はる」という
読み方があります。
 
白秋の長男、隆太郎さんの奥様で、
白秋研究の第一人者でもある方の名前が
「北原東代(はるよ)」さんであることを
思い出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1389.jpg

はる(春)の風は、
東からの風ということなんでしょうね。
 
春の訪れとともに、蔵には新酒の香り。
楽しい季節になりました。