今年もやります  筑後SAKE フェスタグレート2016

残暑も落ち着いて、 ようやく秋が深まってきました。   夏を蔵の中で過ごし熟成した「ひやおろし」が、 食欲の秋に彩りを添えています。 ...

絶景かなァ、絶景かなァ。 楼門五三桐(さんもんごさんのきり)

2016年4月4日、月曜日。 福岡、東京ともに桜満開の中での出張。 いたるところで、満開の桜。心が躍る。     &nbs...

旧暦の元日  2016年2月8日

2016年2月8日。 菊美人の蔵にて。   今年の2月8日は、旧暦の元旦。 旧暦では、新しい年の始まりです。   &nb...

東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)  2016立春

2016年2月4日、立春。 菊美人の蔵にて。   ついこの前まで 「おめでとうございます」と、 新年の挨拶をかわしていましたのが、 ...

今年も2日間の開催です!  2016 菊美人酒蔵びらき

おまたせしました。蔵開きのご案内です。   今年2016年は、 2月20日、土曜日、 2月21日、日曜日の2日...

   奈良漬け

菊美人酒造ブログ

今年もやります  筑後SAKE フェスタグレート2016

 

2016年10月14日10時00分14秒.jpg

残暑も落ち着いて、
ようやく秋が深まってきました。
 
夏を蔵の中で過ごし熟成した「ひやおろし」が、
食欲の秋に彩りを添えています。
 
筑後地方、秋の最大、酒イベント
「筑後SAKE FESTA」の季節になりました。
 
毎年、2日間で15000人の皆様を迎えるイベント。
6年目となりました。
今年は10月22日(土)、23日(日)の両日開催です。

今年の特徴は、蔵別ブースでの出店。

日本酒蔵はもちろん、焼酎蔵、ワイン蔵も参戦。

全19蔵が自慢のお酒をお出しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月14日10時00分18秒.jpg

前売券2000円、当日券2500円。

前売りは、

是非とも蔵元でお買い求めの上、

こぞっておいで下さい。

もちろん、菊美人も参加です。

今年から、このイベント、私が実行委員長。

みなさま応援よろしくお願いします。

 

絶景かなァ、絶景かなァ。 楼門五三桐(さんもんごさんのきり)

 

IMG_1601.JPG

2016年4月4日、月曜日。
福岡、東京ともに桜満開の中での出張。
いたるところで、満開の桜。心が躍る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1588.JPG

歌舞伎「楼門五三桐
(さんもんごさんのきり)」を思い出す。
 
石川五右衛門の名台詞だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1589.JPG

「絶景かなァー、絶景かなァー。
春の眺めは、
値千金(あたいせんきん)とは、
小せぇ、小せぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1590.JPG

この五右衛門の眼から見れば、
値万両(あたいまんりょう)、
万々両(まんまんりょう)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1592.JPG

日も、はや西に傾(かたぶ)きて、
雲と棚引(たなび)く、
桜花(さくらばな)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1593.JPG

あかね輝く、この風情(ふぜい)、
ハテ麗(うら)らかな、
眺めだなァーー!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1596.JPG

この有名なセリフ、
まさにドンピシャのこの季節。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1597.JPG

夕暮れ時の満開の桜を
悠然と眺めながらの、
京都、南禅寺の山門の上で、
石川五右衛門、
キセルをふかしての名ゼリフ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1598.JPG

飛行機から見る筑後の山々は、
いたるところに桜色。
 
有明の海も干拓も
新緑とともに、絶景だった。

旧暦の元日  2016年2月8日

 

IMG_1387.JPG

2016年2月8日。
菊美人の蔵にて。
 
今年の2月8日は、旧暦の元旦。
旧暦では、新しい年の始まりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1386A.JPG

春節で爆買いの中国人が、
日本に押し寄せているとテレビ。
「春節」とは、
そもそもお正月休みのことです。
 
中国ではいまだ旧暦を
大切にしているんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1385A.JPG

旧暦とは「太陽太陰暦」のこと。
新月が1日(月が立つ日ですから、
月立ち→ついたち)、
15日が満月、そして30日が新月
(月が隠れる日ですから、月ごもり→つごもり)。
 
月の満ち欠けとともに暦が動きますから、
わかりやすいですよね。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1384A.JPG

このカレンダーは秀逸です。
もう3年使っています。
 
旧暦を生活に取り入れると、
四季と共に暮らしている実感があります。
 
第一紙行「七十二候カレンダー」。
皆さんもいかがですか。