白秋生家保存会臨時評議員会   柳川市立歴史民俗資料館

R0012247.JPG

2月22日、火曜日。
午後2時。
柳川市沖ノ端(おきのはた)。
白秋生家の奥にある、
柳川市立歴史民俗資料館。
R0012249.JPG
今日は、白秋生家保存会の
臨時評議員会。
北原白秋の親族ということで、
今年から父の後を継いで、
評議員となっています。
白秋生家保存会は財団法人。
今回、公益財団法人と
なるための会議。
会計方式や定款の大幅変更
など大変な作業。
R0012250.JPG
会議終了後は、
資料館を見学。
何度も訪れて、
何度も見ているのですが
白秋に関して、
毎回新しい発見があります。
「いつしかに春の名残と
なりにけり昆布干し場の
たんぽぽの花」
R0012251.JPG
「寂しさに
秋成がふみ読みさして、
庭に出でたり白菊の花」
R0012252.JPG
「毬もちて遊ぶ子どもを
毬もたぬ子ども見ほるる
山桜花」
この3首の色紙いづれも、
当家でも所蔵しています。
白秋は何万も作った
短歌のなかで、
特に気に入ったものを
このようにしたためています。
R0012254.jpg
白秋は良寛和尚の字を
お手本としています。
とても繊細で
バランスの良い字です。
歌集「雀の卵」の
原本を展示してありました。
白秋が極貧から抜け出した
エポックメイキング的な
本です。
出版社は、弟鉄雄氏が
創業したアルス社。