国税局長より感謝状を頂く栄に浴する  酒団法60周年

IMG_2203a.JPG

2013年11月某日。
福岡市内。
 
今年は、「酒税の保全及び
酒類業組合等に関する法律」、
いわゆる「酒団法」(組合法)が
制定されて、
酒造組合、酒販卸組合、
酒販小売組合が設立されて
60年の節目の年となります。
 
 
 
 
 

IMG_2205a.JPG

その記念として、
福岡国税局長より、
感謝状を頂くこととなりました。
長く、業界の発展に
尽くしたということ。
 
思えば、昭和63年に、
東京でのサラリーマン生活に終止符を打ち、
家業である酒造りと
全酒類卸売業を引き継いで、
25年が経ちました。
 
 
 
 

IMG_2004a.JPG

4半世紀も経ったことに
今更ながら驚きます。
 
経営を引き継いだときは、
バブルの終わり。
 
景気の後退と
規制緩和・自由化の嵐の中で、
地方の零細企業には、
きびしい25年間。
 
 
 
 
 
 

IMG_2208a.JPG

同業他社が舞台からどんどん
退場を余儀なくされる中、
よくぞここまで潰れずに、
家業を守ってこれたと思うし、
ひと様や、地域の皆様、
同業他社の皆様にも、まがりなりにも、
お役に立ってこれたことは、私の矜持。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_2212.JPG

古くさい人間かも知れませんが、
今回、「おかみからお褒め頂いた」こと、
純粋にうれしかった。