スケジュールを鳥のように俯瞰する  手帳選びが楽しい季節(2) 

IMG_1689A.JPG

2013年11月某日。
前回のブログの続き。
 
ったいに忙しい人の
スケジュール帳の難点は、
細かすぎて、全体が見えにくいこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1690A.JPG

デスクワーク、出張、
講演、スピーチがどれくらい入っていて、
どのくらいの仕事量かということを、
向こう2ヶ月くらいは、おおまかに、
常に予測しておきたいものです。
 
この予測がないと、
仕事を受けることができない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1692A.JPG

細かいスケジュールは、
iCalで調整しますが、
おおまかな仕事の流れは、
手書きの2ヶ月分の
スケジュール俯瞰図を使っています。
 
第一紙行の
タイポ・スケジュール(A4)
以前のブログで書いたように当然、
月曜日始まり(笑)
 
 
 
 

IMG_1994A.JPG

月ごとのものを切り貼りして、
向こう2ヶ月の要点のイベントだけ記載。
 
これで、自分の
スケジュールを鳥瞰できます
紙一枚です。
ポイントは、終わった週は、
切り捨てていって、
常に今後2ヶ月以上が、
わかるようにすること。
 
 
 
 

IMG_1693A.jpg

週が終われば、
写真のように糊で貼っていくと
過去の大まかな記録に。
 
これ、以外と
力を発揮してくれます。