来年は、うるう九月があります  陰暦の不思議

IMG_1904.JPG

前回のブログでとりあげた陰暦。
とても興味が湧いて、
いろいろと調べてみました。
 
陰暦、正確には太陰太陽暦といいます。
簡単に一言で言うと、
太陽暦は、お日様の動き。
地球が太陽を一周する365日。
太陰暦は、お月様の動き。
月が地球を一周する29.5日×12ヶ月=354日。
 
 
 
 
 

IMG_1908.jpg

365日-354日=11日。
一年でおよそ11日の差がありますから、
およそ3年に1回、
一年が13ヶ月になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1906.JPG

これが閏(うるう)月。
来年は、閏九月の年。
 
ちょっと計算してみたのですが、
閏月があるため、
来年の旧暦10月1日は、
新暦2014年11月22日にあたります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1907.jpg

旧暦と新暦の差は、
1ヶ月どころか52日もズレ(笑)。
 
古来から、こうやって、
太陽と月の動きを整合してきたのですね。
人間の知恵に脱帽です。