はらえことば(祓詞)  博多座で「アマテラス」を観た

IMG_1524.JPG

2013年
9月26日、木曜日。
福岡市博多区下川端町、
「博多座」。
 
今日は、山門青年会議所の
OB会旅行。
今年は、近場で、
観劇となりました。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1539.JPG

板東玉三郎と鼓童の
「アマテラス」
素晴らしかったのはいうまでもありません。
板東玉三郎を観て女性は、
おのが女性ということに自信をなくし、
鼓童の筋肉美を観て男性は、
おのが男性ということに自信をなくす。
それほどに素晴らしかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1526.JPG

「アマテラス」は、
八百万の神々の物語。
 
博多座の前には、
祓詞(はらえことば)」がありました。
いつも神主さんが
奏上する祝詞(のりと)です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1525.JPG

掛けまくも 畏き 伊耶那岐大神
筑紫の 日向の 橘の 小戸の 阿波岐原に
禊ぎ 祓へ給ひし時に 生りませる 祓戸大神等
諸諸の禍事 罪 穢 有らむをば
祓え給ひ 清め給へと 白すことを 聞こしめせと
恐み 恐み も白す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1764.JPG

「かしこむ」は、「恐・畏・怖・賢」が同義。
おそれつつしむこと。
手紙文の最後に女性が書く
「かしこ」もここからの派生。
「白す」はマヲス。
「申す(マウス)」は、これから転じた。
敬って言うことを「敬白」というように、
「白」には「言う」という意味がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1765.JPG

実際に神主の友人
(みやま市八幡神社の外河清英宮司)に
奏上してもらいました。
 
彼の奏上を、書き下し文にすると、
以下の通り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1527.JPG

かけまくも かしこき いざなぎのおおかみ
つくしの ひむかの たちばなの
 おどの あはぎはらに
みそぎはらえ たまいしときに なりませる 
はらえどのおおかみたち
もろもろのまがごと つみ けがれ あらむをば
はらえたまいきよめたまえと まをすことを
 きこしめせと
かしこみかしこみ もまをす
 
 
 
 

IMG_1536.JPG

実際に声に出して読んでみると、
パワースポットにいるかのように
力が湧いてきます。
ぜひ声に出して読んでみて下さい。