お米について考えた。  なぜ、酒造米不足?

IMG_1061.jpg

2013年
7月26日、金曜日。
 
東京、新橋。
日本酒造組合中央会。
今日は、原料委員会。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1062.jpg

年に数回、中央会で、
農林水産省やJA全農と
主に原料米について話し合っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1076.jpg

以下は私見です。
 
おおまかに日本酒の原料となるお米は、
大吟醸などに使う酒造好適米、
純米酒・本醸造などに使う酒造用米、
上撰などに使う加工用米と
3つに大別されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1074.JPG

基本、みなさんが食べる食用米と、
酒造米は異なるものと
考えて頂いてオッケーです。
 
その酒造米が、足りない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1080.jpg

この3年ほど、特に顕著。
 
不思議な話です。
 
一方では、米余り。
減反政策で、
米を作るなと抑制しておいて、
欲しい米は手に入らない(悲)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1079.jpg

もう今更、悔やんでも
詮ない話ですが、
戸別所得補償制度あたりから
話がおかしくなってきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1078.JPG

いい酒造りには、
いい米が欠かせません。
今の政権には、
同じ轍を踏まぬよう、
くれぐれも民間の足を引っ張らぬよう、
本当にお願いしたいものです。
 
政治家の皆さん、農水の皆さん、
よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1085.jpg

中央会ビルの下の
酒プラザには、
夏の酒がズラリ。
 
菊美人の夏の純米もありました。