本屋へ急げ!  「多崎つくると、彼の巡礼の年」

IMG_0366.JPG

2013年5月某日。
菊美人の蔵にて。
 
村上春樹の新作を
読んでみる気になった。
 
『色彩を持たない多崎つくると
彼の巡礼の年』。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0368.JPG

村上の前作、『1Q84』は、
残念なことにBOOK1で興味を失ってしまった。
 
今回は本が薄かったこと(笑)と、
25才の時に読んだ『ノルウエイの森』の
感激を忘れていなかったから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0365.JPG

久しぶりの現代純文学。
読み始めからすぐに、
物語の中に引き込まれていく。
 
思考が深く深く、
本の中に入っていくのがわかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0363.JPG

読んでいる最中に
家内から呼びかけられても、
現実の世界に戻るのに、
ちょっと時間がかかってしまうような感覚。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0367.JPG

『駅からマンションまで一人で歩いて帰るあいだ、
つくるはずっととりとめのない思いに囚われていた。
時間の流れがどこかで左右に枝分かれして
しまったような奇妙な感覚があった。
彼はシロのことを考え、灰田のことを考え、
沙羅のことを考えた。
過去と現在が、そして記憶と感情が、
並行して等価に流れていた。』(P228)

 

 
 
 
 
 
 
 

IMG_0364.JPG

この本には書評など必要ないのだろう。
読む人で共感するところが違うだろうし、
同じ人でも、その人のおかれた立場が変わると
感じるところが違ってくる。そんな本だ。
 
いずれにせよ、
久しぶりに余韻の残る本だった。
まだ5月だが私にとっての
今年のベスト本であることは間違いなしだ。
 
読んでいない方、本屋へ急げ!