ある人、弓射ること   徒然草 吉田兼好の慧眼

IMG_0321.jpg

2013年4月某日。
菊美人の蔵にて。
 
東進ハイスクール講師、
吉野敬介氏が著した
「一日で読める徒然草」については、
2013年4月7日のブログ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

IMG_0320.jpg

1日で読むことは
叶いませんでしたが、10日で読了。
古典が身近に感じることができる良書でした。
 
この徒然草を読むうちに、
びっくりするようなことに出会いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0319.jpg

第九二段「ある人、弓射ること」。
要点は以下。
『初心者は二本の矢を手にもち、的に向かってはならない。
二本目があるからと気が緩み一本目をいい加減にしてしまう。
この一本できめてやるという覚悟をもて』という内容。
有名な段ですから、思い出したという方もいらっしゃるはず。
 
問題は、この段の後半部分。
短い文章ですから原文を書き出します。
(不思議なことに原文を声に出して読むと
凄みがあります。)
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0324.jpg

道を学する人、
夕べには朝《あした》あらむことを思ひ、
朝には夕べあらむことを思ひて、
重ねて懇《ねんご》ろに修《しゅ》せむことを期《ご》す。
いはむや、一刹那《いちせつな》のうちにおいて、
懈怠《けだい》の心あることを知らむや。
なんぞただ今の一念《いちねん》において、
直ちにすることの甚《はなは》だ難《かた》き。
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0322.jpg

『現在のこの一瞬の時の中に、
なすべきことを後でなどと考えず、
思い立った瞬間すぐさま実行することが、
本当に何とむずかしいことであるか』
ということを兼好は言っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0323.jpg

これって、今のタイムマネジメントや
自己啓発の本に書いてあることですよね。
 
今から600年以上も前に、
兼好は私たちを戒めています。
かえすがえす、
吉田兼好の慧眼に驚きいるばかりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0325.JPG

600年も前に
今でしょ!!」って、
言っているわけです。
凄すぎます。