徒然草は1日で読めたか   祝!ブログ1000号!

DSC01488.JPG

2013年3月。
斎藤孝の「古典力(岩波新書)」に
啓蒙されたわけではありませんが、
昔からの古典好き。
 
学生時代、古文・漢文は好きでしたし、
得意科目でもありました(珍)。
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC01490.jpg

博多の紀伊國屋書店で
面白い本を見つけました。
「1日で読める徒然草」(東京書籍)
 
著者の吉野敬介氏は
東進ハイスクール
(「今でしょう」の予備校)の古文講師。
この本、全て現代文です(驚!)。
 
高校生の頃、古典を全て読破するなら、
古典は満点に違いないと
思っていたのは私だけでしょうか(笑)。
それにしても、
徒然草は一度、読破したいと思っていました。
 
 
 
 
 
 

DSC01491.JPG

この本とてもおもしろい。
徒然草、読破しました!
吉野氏のコラムが秀逸。
残念ながら1日では無理でしたが(当たり前か)、
10日で読めました。
古典好きの方、是非読んでみて下さい。
 
つれづれなるままに、ひぐらし硯に向かひて、
心にうつりゆくよしなし事をそこはかとなく書き付くれば、
あやしうこそ物狂おしけれ。
 
 
 
 

DSC01493.JPG

有名な序段ですが、
私のブログも、心にうつりゆくことを書いて、
この号がちょうど1000号。
 
これからも、身の回りの
「よしなし事をものぐるほし」く書いていれば、
自分にとっても楽しいブログになりそうです。
 
最近忙しくて、なかなかアップもままなりませんが、
応援よろしくお願いします。