ありがたきもの  RICOH CX4

RIMG0001.JPG

2013年1月某日。
 
長く愛用していた
デジタルカメラが壊れた。
 
2010年の秋に買ったリコーのCX4
当時、カメラのキタムラで31,000円。
マルチショット機能で夜景もきれいだったし、
料理を撮す接写はデジカメとは思えないほど、
秀逸だった。
 
 
 
 
 
 
 

RIMG0047.JPG

スイッチを押しても、
モーター音はすれども、
レンズは引っ込まないし、
電源も入らない。
 
このブログも、このカメラが
ほとんど撮してきた。
私にとって、
とても思い入れのあるカメラ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RIMG0046.jpg

修理代金が22,000円。
最新機種のCX6が16,000円。
 
新品に買い換えた方が安いという、
さほど驚かなくなってしまった不条理。
 
いかんともしがたく購入を決意。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC01471.JPG

『枕草子』第七十二段で清少納言は、
「毛がよく抜ける銀の毛抜き」を
「ありがたきもの(めったにないもの)」
表現したけれど(笑)、
いつも携帯していたCX4は、私にとって、
めったにないもの、
とても「ありがたきもの」だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC01472.JPG

今までありがとう。
そしてCX6、大切に使います。
 
追記:リコーのCXシリーズは、
先月2012年12月で
終売となってしまいました(泣)。
多くのファンがいたはず。
発売の再開を願っています。