景気づけの一杯、デンキブラン  東京小旅行(2)

R0020485.JPG

2012年
8月29日、水曜日。
東京ビッグサイトから、
夕方5時半に水上バスに
乗り込んで隅田川クルーズ。
6時半に浅草に到着。
 
浅草にやってきたなら
景気づけにと、
久しぶりに「神谷バー」。
 
 
 
 
 
 
 

R0020476.JPG

デンキブラン発祥の地。
 
「デンキブラン」って皆さんご存じですか。
私の年代、かろうじて知っている人いるかと。
 
明治時代にできた日本産のお酒。
ブランデーに
ジン・ワイン・キュラソーなどを
混ぜてできたリキュール。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020480.JPG

デンキブランの「ブラン」は、
ブランデーのこと。
 
「デンキ」は電気。
明治の頃、ハイカラなものには
当時珍しかった「電気」という
名前がついたそうな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020477.JPG

神谷バーの店内は、
昔を懐かしむ年配のお客様で
賑わっています。
 
昭和っぽくって、
浅草っぽくって、
いい雰囲気。相席でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020478.JPG

久しぶりに「デンキブラン」
頂きました。
360円。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020482.jpg

うまい。アルコール度数40度。
五臓六腑に沁みわたるとはこのことか。
胃の腑がカッと
熱くなるのが、心地いい。
 
あと味が、ほんのり甘いのが
なんともハイカラです。