今年の奈良漬けできあがりました  夏の菊美人

R0020313.JPG

2012年8月7日、火曜日。
午前8時。
奈良漬の本漬けの日。
 
菊美人の蔵のあるみやま市は、
筑後一円からも買い付けにくるほどの
良質な「白ウリ」の産地。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1050086.JPG

菊美人の酒蔵も、何十年にわたり、
蔵に伝わる製法で奈良漬を
毎年漬けています。
 
今年は、7月17、19、21日の
三日間にわたり、
その日の朝ちぎったウリが
やってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1050015.JPG

その新鮮なウリを、
その日のうちに塩漬けします。
 
2日間塩漬けした後、
一枚、一枚きれいに拭き上げます。
そして、菊美人の酒粕に漬け込みます。
(第1回目の漬け込み)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1050019.JPG

第1回目の漬け込みは、
風味が増すように贅沢にも大吟醸の酒粕で
漬け込みます。
 
ご家庭など一般には、
この1回目の漬け込みで
奈良漬はできあがりです。
 
菊美人の奈良漬は、
さらに二週間後、
新しい酒粕に漬け直します。
 
 
 
 
 

R0020193.JPG

酒粕をふんだんに使った奈良漬が
「菊美人の奈良漬」の特徴です。
 
酒粕の風味の良さが増して、
カリカリとした食感が味わえます。
 
8月7日はその2回目の
漬け込みの日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020192.JPG

一回目で大吟醸の酒粕に
漬け込んだうりを
一枚一枚取りだします。
 
さらに、一枚一枚、
きれいに拭き上げて、
新しい酒粕に漬け込みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020195.jpg

これは、
ウリを漬け込んで残った
1回目の大吟醸の酒粕。
 
この酒粕にそのまま野菜を、
入れるだけでおいしい浅漬けが
できあがるので、便利で評判。
 
ご近所にただでお譲りしています。
すぐ無くなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020197.jpg

5㎏樽、約10舟入りで
税込 4,500円。
 
もう食べ頃ですし、
半年間以上おいしく頂けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020196.JPG

奈良漬けと一緒に入っている酒粕は、
キュウリ、ダイコン、ナスなどを
塩を少々まぶした後、漬けておくと
5〜6日でおいしく頂けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020312.JPG

蔵においで頂くのは勿論、
このホームページのオンラインショップ、
お電話 0944-62-3001
メール info@kikubijin.co.jpにて受付。
 
菊美人の自慢の奈良漬。
是非一度お試し下さい。