いまだ必要な原産地証明  菊美人、中国への輸出

R0019986.JPG

2012年
7月18日、水曜日。
 
菊美人の蔵にて。
 
中国、北京・上海への
菊美人の輸出。
順調に動き出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019984.JPG

列車と同じで、
動きだすまでには大変な労力。
ですが、一旦
動きだすとスムーズ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019987.jpg

注文の本数も
だんだんと増えてきました。
頑張った甲斐があって、
とてもうれしい。
 
出荷には、今でも
国税局が発行してくれる
「原産地証明書」が必要となります。
提出書類の煩雑さなど
だいぶ軽減されたものの、
昨年の原発事故以来、
放射能の影響を受けていないことを
証明する資料を
相手国から要求されます。
 
 
 
 
 

R0020112.jpg

輸出の都度、
発行してくれる国税局にも
頭が下がる思いですが、
我々、蔵元も相当な時間を割いて
書類を作成しなければいけません。
 
原産地証明を、
必要とすることについては、
要求する中国を責める話ではないと思います。
原発事故を起こしてしまった
日本が悪いのですから。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020113.JPG

いまだに、10都県は、
中国に輸出さえできない現実を、
みなさんはご存じでしたか。
 
東京電力の過失と政府の失態が、
事故から一年半たった今でも
民間の足を引っ張っています。