國酒を楽しもうプロジェクト  2012日本酒フェア

R0019392.JPG

2012年
6月15日、金曜日。
午前10時〜午後8時。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019388.jpg

東京、
池袋サンシャインシティ。
 
日本酒フェアの会場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019383.JPG

歴代首相の
「國酒」揮毫色紙が
展示してありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019386.JPG

5月11日、
古川元久国家戦略大臣は、
ENJOY JAPANESE KOKUSHU
(國酒を楽しもう)
プロジェクトを発表。
 
業界では「神風が吹いた」と
言い出すほどの歓迎ムード。
今更、遅きに失した感もあるのですが、
やっと言ってくれたのかと、
長年の思いが晴れた気もします。
 
 
 
 
 
 
 

R0019381.JPG

國酒プロジェクトでは、
 
1.日本の酒造りは、日本の気候風土、
日本人の忍耐強さ、丁寧さ、繊細さを象徴。
 
2.蔵元は、昔から
地域の活性化を担うキーパーソン。
観光名所としても潜在的な
「地域発・日本再生の救世主」。
 
3.日本酒・焼酎は
「21世紀の異文化との架け橋」。
と定義付けしています。
 
 
 
 
 

R0019385.jpg

この「國酒(こくしゅ)」という言葉、
故、大平正芳首相の時、発案。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019384.jpg

「國酒」という字が、
クニガマエに、玉ではなくて、
或という旧漢字なのがいい。
また「コクシュ」という響きもいい。
 
「日本酒は、ニッポンの國酒です。」
「本格焼酎は、ニッポンの國酒です。」
蔵元も、各自ラベルの
注意書きなどに記載して
PRを図りたいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0019382.jpg

今年はオリンピックの年。
 
ニッポンの応援は、
ニッポンの國酒を
飲みながら!