東京の県人会に福岡の酒を  東京福岡県人会

R0019206.JPG

2012年

6月1日。金曜日。

午後6時。

 

東京、品川駅前。

品川GOOS。

ガーデンシティ品川。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0019207.JPG

今日は、

東京で開催される、

東京福岡県人会の

総会・懇親会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0019208.JPG

福岡県酒造組合、

会長として出席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0019216.jpg

今から

110年前の1904年。

19才の若さで、

柳川の詩人「北原白秋」は、

伝習館を中退。

勇躍、単身上京、早稲田大学へ。

 

57才で、生涯を終えるまで、

白秋は郷里より送られてくる

福岡の酒を、殊の外、

喜んだと聞きます。

 

(写真は、ゲストの山本リンダさんと、

司会の佐々木正洋さん。

お二人とも北九州出身)。

 

 

 

 

 

 

R0019217.JPG

今回、

23蔵80本の

福岡県の

日本酒・焼酎を持参。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0019220.JPG

とても、

よろこんで頂けたようです。

 

福岡の酒を飲んで頂いて、

故郷のことを思い出して頂きたい。

 

そして、東京でも、

福岡県のお酒の応援を

どうぞよろしくお願いします。