ウリセゲのエプロン  2012再びソウルへ(10)

R0018406.jpg

2012年
4月7日、土曜日。夕方。
 
韓国、ソウル。
 
景福宮(キョンボックン)から
南東に歩いて10分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018412.JPG

仁寺洞(インサドン)に
やってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018410.JPG

メインストリートの
仁寺洞通り
(インサドンキル)は、
伝統的な工芸品店や、
伝統茶を飲ませてくれる喫茶店、
センスのいいお店が混在。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018419.jpg

海外からの観光客や
韓国の若者も多くて
賑わっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018421.JPG

ちょっと路地に入ると
写真のような金メッキのブタなどが
店先に無造作に置いてあって笑えます。
 
日本人はそうでもないのでしょうが、
韓国、中国ふくめて、
アジアの人たち、
金色って大好きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018408.jpg

おしゃれな
工芸品店を見つけました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018636.jpg

ウリセゲ。
「私の世界」という意味。
 
家内がエプロンを
興味深げに見ていたところ、
お取引先から
プレゼントしてもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018896.jpg

どうでしょうか。
 
とても色合いも
品があって、
縫製も丁寧。
 
柄も素敵です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018900.jpg

韓国からのお客様を
お迎えする時は
このエプロンで決まり。