不老長寿のお酒  ペクセジュ(百歳酒)

R0017946.jpg

2012年3月某日。
先月ソウルを訪問した際、
ロッテマートで
韓国のお酒を買ってきました。
 
今日は試飲してみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018218.jpg

これは、
お馴染みチャミスル。
 
チャミスルとは
「JINRO」のこと。
 
「チャム=真」
「イスル=露」ですから、
真露(JINRO)となります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018219.jpg

パック入りが
面白かったので購入。
 
アルコール度数は20.1%。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018221.jpg

次は
「チョウムチョロムCOOL」。
度数は16.8%。
 
チョウムチョロムは、
チャミスルと並ぶ
ソジュの2大ブランド。
 
ロッテグループが
造っています。
 
韓国も低アルコール志向が
進んでいます。
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018222.JPG

このチョウムチョロム、
瓶にはセクシーな女性が
付いていますし、
日本語では
「はじめてのように」という意味。
 
なんとも
意味深で扇情的です(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0018223.jpg

最後は、
ペクセジュ(百歳酒)。
高麗人参の味が効いていて、
個人的に好きなお酒です。
 
これを焼酎で1:1で割ると
オーシッセジュ
(五十歳酒)というのは、
洒落が効いてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017947.JPG

ペクセジュには伝説があります。
 
「若者が老人を叩いている。
そのわけを聞いたところ、
今、叩いているのは私の息子。
このペクセジュを飲めと
言ったのに飲まなかったから、
こんなに老けてしまった。」
 
ちょっと笑える伝説です。