お正月の活け花  菊美人の玄関

R0017067.jpg

2012年1月25日、
水曜日。
 
菊美人の蔵にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017068.JPG

いささか遅くなりましたが、
お正月の活け花を
紹介していませんでした。
 
母が活けています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017071.JPG

竹の花器に、松と梅を。
 
冬の花として、スイセン。
 
赤い実のセンリョウ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017101.JPG

色紙は、
北原白秋直筆の
春の歌。
 
当家で書いてくれたものです。
 
「春あさみ せとの水田(みずた)の
早緑の(さみどりの) 
ねぜりは馬に たべられにけり」
(『雀の卵』初出、
早春雑歌、春の耕田) 
 
 
 
 
 
 
 

R0017069.JPG

この歌は、
以前のブログでも
紹介しました。
 
そのブログで高校時代の友人、
やりとりができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017070.JPG

この歌が収録されている
『雀の卵』の「覚書」に面白い記述。
第3句「さみどりの」は、
そもそもの原作に還したのである。
ということは、「さみどりの」→
「みどり葉の」→「さみどりの」と変遷。
 
白秋が短歌に対して、
推敲に推敲を重ねていたことがわかります。
 
実物の色紙は、今年の蔵開きで公開。
ご期待下さい。