暮れの蔵の風景   菊美人の四季

R0016710.jpg

12月29日、木曜日。
朝8時。
 
菊美人の蔵の玄関先。
 
このところ冬らしい
寒さが続いています。
冬の澄み切っている空気は、
冷たくて気持ちがいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016712.jpg

玄関にある、
トウカエデの黄色の葉も
やっと全て落葉しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016721.JPG

今年は、
紅葉が遅かったのですが、
年内にはなんとか落葉しました。
 
今年の落葉。
ちょっとした
小山になっています。
壮観ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016713.jpg

ナツツバキの木には、
葉のつぼみも
芽吹き始めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016719.JPG

平家物語の有名な冒頭、
祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、
盛者必衰のことわりをあらはす。
おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし」の
沙羅双樹(シャラソウジュ)」は、
このナツツバキのことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016716.JPG

真夏には、
真白い花を咲かせます。