おいしかったもので、またも。  福岡市某所「なか中」。

R0016275.jpg

12月某日。
福岡市中央区某所。
 
和食の店「なか中」。
 
先日、
お呼ばれで行ったときの
おいしさが忘れられず、
またも行ってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016263.jpg

先日の、
このお店についてのブログ、
「どこだ教えろ」と
結構反響が大きかった。
 
そこで今回、お店の入り口だけ
お見せします(笑)。
 
今回は、菊美人の
秋のひやおろし純米酒を
持ち込みで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016264.JPG

写真のように、
お箸も先が尖っていて、
とても繊細。
 
品がいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016265.JPG

前菜。
 
マスカットと
大根おろしの和え物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016267.JPG

ゆずの
茶碗蒸し。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016270.JPG

お造りは、
 
〆サバ、タイ、
イカ、生まぐろ。
 
イカは歯ごたえがしっかり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
R0016271.JPGあかむつの塩焼きを
だし汁に浸して。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016272.JPG

甘ダイのかぶら蒸し。
ウニとわさびで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016273.JPG

博多水炊きの
スープ。
 
最後は、
サーロインステーキの
お寿司だったのですが、
撮りわすれました。
 
なんとも美味。
写真で美味しさが
伝わりますでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 

R0016279.JPG

二軒目は、
佐賀の蔵元、誰かいるかと
中洲春吉の「さが蔵」へ。
 
いました。
伊万里の「松浦一」醸造元、
田尻泰浩氏。
 
当然、お酒は松浦一をセレクト。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016276.jpg

「松浦一」、
安心できる九州の蔵らしい
しっかりした味。
 
ごちそうさまでした。
田尻君。
おいしかった。