フクオカエ チャル オショッスムニダ 韓山素穀酒組合員来福

R0016300.JPG

11月18日、金曜日。
午前10時。
 
福岡市東区馬出、
福岡県酒造組合会館。
 
本日は、福岡県酒造組合へ、
韓国からのお客様が視察。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2011-11-18 09.51.50.jpg

私の家内が、若干、
韓国語ができるので
私が担当となりました。
 
家内と二人で対応することに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2011-11-18 11.08.13.jpg

視察者は、
忠清南道(チュンチョンナムド)の
韓山(ハンサン)地区で
素穀酒(ソゴクジュ)を
製造している皆さん。
 
忠清南道(チュンチョンナムド)は、
韓国中西部。
ソウルから南西に位置します。
太田(テジョン)の西。
田園地帯。
 
 
 
 
 
 

2011-11-18 10.00.13.jpg

韓山(ハンサン)地区は、
韓国伝統酒の
素穀酒がまちの名物、
無形文化財。
 
その素穀酒の組合を、
たちあげようということが、
福岡県の酒造組合への
訪問、視察のいきさつ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2011-11-18 10.24.02.jpg

お話を聞くと、韓山地区、
素穀酒製造は、
会社単位でなく、
家単位で、
およそ30軒ほどが製造。
その製造方法もまちまち。
 
組合を設立し、それを核として、
素穀酒を販売。
大いに韓山地区の観光、
まちおこしに結びつけたいとのこと。
 
 
 
 
 
 

2011-11-18 11.12.25.jpg

約1時間ほどの説明ののち、
質問の時間。
日本酒の製造方法から、
会社の経営、
組合の運営まで多岐。
 
皆さんの真剣さが伝わってきます。
約2時間半の視察会議でした。
 
矢継ぎ早の質問、
通訳を介しての説明。
本当に疲れました(笑)。
 
 
 
 
 

2011-11-18 11.14.59.jpg

最後に素穀酒(ソゴクジュ)を
プレゼントして頂きました。
 
とても感謝して頂きました。
少しはお役に立てたようです。
 
フランスではワインが。
日本では日本酒が。
世界中で、その国の伝統酒は、
苦戦しています。
 
韓国での素穀酒が復権できますよう。