ヌーボーではないボージョレのおいしさ  ナガノワイン会

R0016185.JPG

11月24日、木曜日。
夜7時。
 
大牟田市新栄町、
オームタガーデンホテル。
 
お取引先である
株式会社ナガノ様の
ワイン会。
 
200名の皆さんが
集まりました。
 
 
 
 
 
 

R0016186.JPG

スパークリングワインは、
フランス、シャンパーニュ。
 
白ワインは、
アメリカ、ナパバレーのシャルドネ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016190.JPG

赤ワインは、
ブルゴーニュ、ボージョレの08年もの。
イタリア、ヴァルポリッチェラクラシコ。
 
そして、サービスワインとして、
ボージョレヌーボー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016187.JPG

今回、興味を惹いたのは、
ボージョレの08年もの。
 
シャトーカンボン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016192.jpg

色も深いすみれ色をしていますし、
味わいも深くてしっかり成熟。
 
ガメイ種でも、
きちんとコクがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016191.jpg

ボージョレは、
ヌーボーだけが
注目されがちですが、
豊かなワインがあることを、
再確認できました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016197.JPG

普通のボージョレ、
とてもお手頃な価格
(2〜3千円)で、
おいしいワイン
たくさんあります。
 
ムーランナヴァンや
フルーリーがお薦め。