人造の築山、景山公園   2011北京見聞録(17)

DSC00565.jpg

8月6日、土曜日。
午前11時。
 
北京市内。
天安門広場から、
故宮博物院を、
抜け出るのに3時間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00583.JPG

せっかくここまで来たなら、
景山公園には登りなさいと
昨夜、和醸の山本社長からの
強いリコメンド。
 
景山公園、
小高い山を登ることにしました。
入場料10元(130円)。
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00566.JPG

おじいちゃん、
おばあちゃんが沢山。
太極拳をやっているかた、
ハーモニカを演奏して、
歌を歌っているグループ。
 
市民の憩いの場になっています。
市民には、
入場定期券があるそうです。
 
 
 
 
 
 
 

DSC00572.jpg

公園の山頂に
建つ万春亭。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00574.JPG

奈良の都では、
ありませんが、
まさに「あおによし」。
 
欄干の「青」と、
柱の「丹(に)=朱」が、
とてもきれいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0014848.JPG

この公園、人口の築山。
明の時代の皇帝の庭。
 
池を掘ったときの土を、
使って築き上げたと言います。
当時の皇帝の威勢が偲ばれます。
 
背面(北側)に、
山を配するのは、
風水の教え。
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00579.JPG

万春亭から望む
「紫禁城の全景」は、
圧巻です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0014852.JPG

しばし、
ときを忘れました。