ラストエンペラー  2011北京見聞録(15)

DSC00546.JPG

8月6日、土曜日。
午前8時。
 
北京市内。
故宮博物院。
旧、紫禁城。
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00548.JPG

城内にどんどん入っていきます。
 
太和門の様子。
もういくつ
門をくぐったでしょうか。
圧倒的な迫力です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00547.JPG

城内に入る前に、
インフォメーションセンターが
あります。
そこで、日本語解説の
ヘッドフォンの貸し出し。
 
この機械、スグレモノ。
 
場所、場所のセンサーと
連動して、その場所の
解説が自動的に始まります。
40元(520円)。
 
 
 

DSC00549.JPG

あぁ、
ついにやってきました。
 
太和殿。
紫禁城の中心。
 
ベルトリッチ監督、ジョンローン主演、
映画「ラストエンペラー」での、
愛親覚羅溥儀(あいしんかくら ふぎ)の
即位式は、ここで撮影されました。
 
 
 
 
 
 

DSC00550.JPG

荘厳で華麗な太和殿。
 
近づけば近づくほど、
威容に圧倒されます。
何とも言えぬ威圧感。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00551.JPG

皇帝の即位式。
三跪九叩頭の礼で、
臣下達が迎える中、
「帰りたいよ−」と
泣きじゃくるわずか3才の溥儀。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00552.jpg

父親の醇親王が、
「すぐ終わるから、
すぐ終わるから」と
なだめたのは有名な話。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00554.jpg

父、醇親王の言葉通り、
わずか3年で溥儀は、
皇帝を終わります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00555.JPG

軍閥から追い出されるまで、
その後17才になるまで、
溥儀はこの紫禁城に
住み続けます。
 
中国の歴史に、
対面しているようで感動。