北京交通事情   2011北京見聞録(11)

DSC00419.JPG

今回の北京出張、
単独での行動が多かった。
 
北京は、
中国語がしゃべれないと
なかなかきびしい。
 
市井の人たちには、
ほとんど英語は通じません。
 
 
 
 
 
 

DSC00625.JPG

タクシーは、
筆談や漢字を見せても
社内が暗いせいもあるのか、
なかなか通じません。
 
結局、ホテルの
ドアマンに行き先を伝えて、
運転手に話してもらわないと
理解不能。
 
往生しました。
 
 
 

DSC00515.JPG

北京のタクシー、
とても安い。
 
初乗り10元(130円)で、
相当走ります。
感覚でいうと、
日本の1/8くらいの
値段でしょうか。
 
 
 
 
 
 
 

DSC00493.JPG

ですが、需要>供給。
 
夕方ともなると、
ホテルの前で
30〜50分待ち。
 
需給のバランスが取れていませんから、
乗車拒否も当然ありますし、
乗るたびにブツブツ文句を
言われてるようで、
感じがよくない。
 
 
 

DSC00601.JPG

今回の宿泊ホテルが、
地下鉄の駅が
近かったこともあって、
地下鉄、多用しました。
 
市内はどこに行っても2元(26円)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0014859.JPG

写真のような
プラスティックカードが
乗車券。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00605.JPG

駅構内も車内も
明るいし安全。
 
案内板も親切です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00604.JPG

いったん乗り方を憶えると、
北京では、
地下鉄利用が便利です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00606.JPG

今回、残念ながら
バスは
利用しませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00670.JPG

利用者も多く、
バスも市内を相当
走り回っていますが、
どうにもレベルが高そうです。
 
次回は、
是非チャレンジしてみたい。