初呑切(はつのみきり)  蔵の夏の仕事

R0014735.JPG

8月2日、水曜日。
午後3時。
 
菊美人の蔵にて。
 
今日は、
初呑切(はつのみきり)の日。
 
お酒を貯蔵するタンクには、
側面の底近くには、
お酒を取り出す穴が、
上下に2個あります。
 
 
 
 

R0014734.JPG

そこを呑み穴といって、
その栓を呑み口と言います。
「呑み口」を初めて切ること、
少量お酒を採取することを、
「呑み切り」と言います。
 
今年の春できあがったお酒が、
きちんと夏を越しているか、
香りや味の熟成の具合を
調べる大切な作業です。
 
 
 
 
 
 

R0014733.JPG

この夏の時期、
日本酒の蔵では
必ず行われる大切な仕事です。
 
今日は、福岡県醸造試験所の
鈴木正柯先生をお呼びして、
前杜氏、現杜氏を中心に、
入念に利き酒を行いました。
 
どのタンクの酒も、
問題なく熟成がすすんでいて、
良好な状態でした。
 
 
 
 

R0014736.JPG

お酒の様子や、
出荷タイミングを
タンク1本1本、入念に
皆で確認し合います。
 
秋には、
ひやおろしになる純米酒も
ほどよい熟成。
 
どうぞご期待下さい。