落語「青菜」のやなぎかげ  愛知県碧南市 九重味醂

DSC00049.JPG

6月24日、金曜日。
午後1時。
 
愛知県碧南市。
中部国際空港セントレアから、
車で1時間。
 
九重味醂株式会社。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00050.JPG

九重味醂のお蔵の資料館、
「九重みりん時代館」でのこと。
 
江戸時代の百科事典、
「和漢三才図会」に
「みりん」のことが載っています。
 
「和漢三才図会」によると、
江戸時代「みりん」は、
飲み物、つまりお酒として
飲まれていたことがわかります。
 
 
 
 
 

DSC00058.JPG

落語「青菜」を思い出しました。
「青菜」は、ちょうど今の時期、
初夏の落語。
 
ご隠居と出入りの植木屋の噺。
ご隠居がお酒を植木屋さんに勧めます。
 
そのお酒の名前が
「柳蔭(やなぎかげ)」。
 
植木屋さんは「やなぎかげ」を
上等なお酒と大喜びします。
 
 
 
 
 

R0014489.jpg

この「やなぎかげ」、
夏場に井戸の水で冷やして
柳の蔭で飲むことから派生。
 
甘いみりんを焼酎で割って
飲みやすくしたものです。
 
割り方は、みりん1:焼酎2と
言われています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0014490.jpg

この「やなぎかげ」こそが、
飲用のみりんのこと。
 
是非、飲んでみたーーい。
 
ということで、
この「やなぎかげ」、
造ってみることに
しました(笑)。
 
当時の焼酎は、
粕取り焼酎と思われます。
みりんは、九重味醂の
「純三河本みりん」を使用。
 
 
 
 
 
 
 

R0014491.JPG

14度のみりんを、
25度の焼酎で
割るのですから、
相当度数が高い。
 
氷を入れて、
ロックで飲んでみました。
 
みりんの甘味が強い。
 
熊本の灰持酒(あくもちさけ)、
赤酒の風味です。
 
江戸時代、
魯山人ではありませんが、
「甘いはうまい」
だったのでしょうね。