團伊玖磨と北原白秋  合唱組曲「筑後川」IN柳川

R0013879.JPG

5月22日、日曜日。
お昼1時。
菊美人の蔵から
車で15分。
柳川市民会館、
大ホール。
R0013884.JPG
今日は、
團伊玖磨記念「筑後川」
IN柳川。
合唱組曲「筑後川」は、
1968年に團伊玖磨が作曲して以来、
長くに亘って歌い継がれた名曲。
R0013885.JPG
この名曲「筑後川」を、
團伊玖磨の音楽に、
深く影響を残した
北原白秋のふるさと柳川で
歌い上げようとういうのが、
今日のコンサート。
R0013887.JPG
今年は、
北原白秋の生誕125年。
歌集「思い出」発刊100周年の
記念の年。
柳川ライオンズクラブが
自らの50周年と
併せて発起人となって開催。
R0013893.JPG
全国から、
800名もの合唱団の
皆さんが集まりました。
私にとっては、
何と言っても
白秋作詞、團伊玖磨作曲の
曲が聴きたかった。
特に、
感慨ひとしお。
R0013892.JPG
会場も、
聴衆で満席。
R0013891.jpg
コンサートの途中には、
司会の川野一宇氏
(元NHKアナウンサー)からの、
「白秋のまちの音楽会」の朗読。
R0013894.JPG
團伊玖磨作曲の
童謡メドレー。
子ども達の
コーラスが
ひときわかわいい。
「ぞうさん ぞうさん
 おはながながいのね
 そうよ
 かあさんもながいのよ」
R0013896.JPG
最後は、
圧巻でした。
R0013897.JPG
合唱組曲「筑後川」の
大合唱。
R0013898.JPG
ステージから落ちる人が、
いるんじゃないかしらと
心配するほどの大人数。
R0013902.JPG
350名もの方の大合唱。
組曲「筑後川」と團伊玖磨を
愛する合唱愛好者の方達が
白秋のふるさと柳川で歌う。
とても素晴らしかった。