無常ということ  小料理「桜」からの葉書

R0013049.jpg

4月16日、土曜日。
いつも大変お世話に
なっている
西中洲の小料理「桜」の
おかみさんから
お便りが届きました。
折にふれて、
季節のことをしたためて、
このようにお手紙を頂きます。
R0013042.jpg
無常といふこと

桜の風が北へ向かい
日本列島を駈けぬけていきます。

城のさくらも、里のさくらも、
街のさくらもそれぞれに、
出会う花ごとに、
心をうるおしてくれましたが、
無常ならばこその美しさを尽くし、
やがて花は吹雪と
なりゆくものと思われ、
心に残る思いはつきません。

美しいゆく春のかたちです。
R0013048.JPG
お葉書を読んで、
近くの八坂神社まで
散る桜を
見にいきました。
R0013047.JPG
ソメイヨシノは、
すっかり葉桜と
なっていました。
春の風にふかれて
さくらの花びらが
土埃とともに
舞い上がっています。
R0013041.jpg
花の色は
うつりにけりな
いたづらに
我が身世にふる
ながめせしまに
百人一首、
小野小町の歌を
思い出しました。
R0013043.JPG
この世の中が
つくづく無常だと
いうことを
思い知らされた
今年の春。
無常だからこそ、
今を大切に
生きていきたい。