おもふどち   久留米、ホテルマリターレ創世

R0010885.JPG

11月24日、水曜日。
夕方6時。
久留米市、東櫛原町、
ホテルマリターレ創世。
R0010888.JPG
今日は、某会の忘年会。
お昼のゴルフコンペは、
所用のため欠席。
忘年会からの参加となりました。
R0010890.JPG
場所は、ホテルマリターレ創世。
庭園の中のお茶室での宴会。
お茶室は、洗詩台と
呼ばれています。
こういう風情のあるところで
忘年会。
ありがたいことです。
R0010891.jpg
この会の会長は、
モデルクレジット株式会社の
高校、青年会議所の先輩にあたり、
昵懇の仲にして頂いています。
「もみじ葉の 過ぎまく惜しみ
思ふどち 遊ぶ今宵は 明けずもあらぬか」
二又社長の今日のご挨拶は、
万葉集の大伴家持(やかもち)の引用。
R0010892.jpg
「晩秋になって、もみじが散っていくのを
惜しんで、気の合うものどうしで
遊ぶ今夜は、このまま夜が明けないで
くれないかなぁ」という意味の歌。
まさに時節を得た、
気のおけない仲間との飲み会に
ふさわしい歌。
「思ふどち」とは、「思共」と書いて、
「おもうどち」と呼びます。
気のおけない仲間、心許せる友達のこと。
R0010895.JPG
今日の食事は「寄せ鍋」。
「思ふどち」と一緒に、
菊美人の「秋の純米」を
頂きました。