ラベルも新たに秋の純米   菊美人 秋の純米 ひやおろし


P1060099.jpg

いつのまにか、
菊美人の蔵の夜長は、虫の声。
トンボや草花の「あかね色」が
あざやかです。
 
本格的な秋のシーズンが到来。
 
お待たせしました。
菊美人「秋の純米」の
発売です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1060102.JPG
今年からラベルを
一新しての発売です。
 
「ひやおろし」とは、
春にできた新酒は、
火入れののちに、
涼しい蔵の中で
暑い夏を越します。
 
秋になると、
新酒のあらあらしさが消えて、
ほどよく熟成した酒になります。
 
 
 
 
 
 
 
 

P1060101.JPG
このお酒を、
二度目の火入れをせずに、
瓶詰したものを、
「ひやおろし」と言います。
 
味がのって、まろやかに。
秋の味覚と抜群の相性です。
 
ヒヤでお飲み頂くか、
ヌル燗(43〜45度)で、
最高のパフォーマンスを
発揮します。
 
 
 
 
 
 
 
 

P1060100.JPG
その昔、二度目の加熱処理をせず、
「ひや」のまま、
大きなタンクから小さな樽に、
「卸し(小分けし)」たこと
からの語源です。
 
一升瓶と、四合瓶の発売です。
蔵の店先にも並びました。
 
インターネットでもお電話でも
ご注文お待ちしています。