コンプラ瓶で思いを馳せた   長崎出島和蘭商館跡

P1050760.jpg

9月19日、日曜日。
午後1時。
山門青年会議所OBの旅行の途中。
長崎新地の中華街での食事後、
長崎「出島」にやってきました。
正式には「出島和蘭商館跡」。
メインゲートの水門で
門番さんと記念撮影。
とても暑い日で、
汗がしたたり落ち始めます。
P1050726.JPG
これは、
長崎「出島」の
ミニチュア。
P1050746.JPG
「出島」は、
明治時代に埋め立てが進み、
今では、その姿を
消してしまっています。
最近になって、
「出島」の歴史的価値が見直され、
復元事業が進んでいます。
昔、来たときよりも
建物がたくさん復元されていて、
資料もとても充実。
P1050759.jpg
昔、ポルトガル人が
住んでいた頃の建物が
復元されていて、
これは、当時の
会食の様子。
畳敷きの上で、
靴を履いていたそうで、
半年に一回、
畳替えをしていたそうです。
P1050733.jpg
これは、当時の
グラスやワイン瓶。
出島の復元作業と同時に
沢山の調度品が
発掘されています。
P1050731.jpg
これは、コンプラ瓶。
ポルトガル語で「コンプラドール」とは、
仲買人のこと。
この日本の仲買人達が、
日本の醤油とお酒を詰めて
輸出をしていました。
幕末には、焼物の里、波佐見で
年間40万本も
生産されていたそうです。
写真のZAKYとは、
「サケ」のこと。
JAPANSCHZAKY
(ジャパネスクザキー)とあります。
P1050750.jpg
日本酒が、出島から
海外へ1800年には、
輸出されていたと考えると
なんともすごい。
さて、実は、菊美人のある「瀬高町」は
福岡でも有数の酒造りの盛んなところ。
明治時代は30軒ほどの酒蔵がありました。
写真は長崎県の地図。
星印が、菊美人の酒蔵のある「瀬高」。
日本酒を酒樽に詰め、船で矢部川を下り、
有明海に出ると対岸は、雲仙。
陸路では、とても長崎は遠いのですが、
海路では、長崎はすぐそこです。
P1050930.JPG
雲仙、長崎、遠くは五島列島まで
瀬高の酒が流通していました。
明治時代、
瀬高の酒の一大消費地は、
長崎だったのは有名な話です。
幕末から明治時代、菊美人も
長崎市袋町に菊美人を専売する
商社をもっていました。
先代(祖父)は、ここに下宿し、
長崎高等商業学校(長崎大学
経済学部の前身)に通いました。
P1050749.JPG
長崎、丸山の遊郭でも、
瀬高の酒は相当飲まれています
坂本龍馬などの幕末の志士も、
瀬高のお酒を飲んでいました。
果たして、コンプラ瓶に
詰められて海を越えたお酒は
何だったのでしょうか。
もしかすると瀬高の酒かも、
或いは菊美人かもしれません。
いつか調べてみたい、
ロマンのある興味が湧く話です。