涼しいということ   佐賀城のお堀で考えた

P1050284.JPG

8月24日、夕方5時。
佐賀市、佐賀城址。
純米酒研究会終了後、
懇親会までちょっと時間が
ありましたから、
佐賀県酒造会館付近を散策。
P1050299.JPG
夕方の5時は、
まだ日が高く、
暑さが押し寄せます。
自然と佐賀城址の
お堀に足が向きます。
見るからに涼しい。
暑いけれど、
涼しい気持ちに
なります。
P1050297.jpg
先日のブログで紹介した
狂歌の先生、大田蜀山人の話には
実は続きがあります。
「暑いとは?」と聞いた弟子は、
「では、涼しいとは一体何か」
と蜀山人に更に問いかけます。
蜀山人、曰く。
「庭に水、
新し畳に(あたらしだたみに)、
伊予簾(いよすだれ)、
透綾縮みに(すきやちぢみに)、
色白のたぼ」
P1050310.JPG
わかりますかぁ。
「涼しいーーっ」ていう
雰囲気ありますよね。
「伊予簾」は伊予の国の
竹は白くて涼しげと
源氏物語にもあります。
「透綾縮み」は夏の着物のこと。
クレープ地といった
ところでしょうか。
P1050312.JPG
「たぼ」とは、
「髪」という字の友のところが
「包」になっています。
女性が首の後ろで
おまんじゅうみたいに
髪をまとめているのを
「たぼ」といいます。
転じて「たぼ」とは女性のこと。
ですから、
「透綾縮みに色白のたぼ」とは、
「ちぢみの着物を着た
色白の別品さん」となります。
P1050314.JPG
昔の人は、
暑くても、雰囲気や
気持ちのもちようで「涼しい」と
いうことを演出したのですね。
暑い日が続きます。
みなさん、お体ご自愛ください。
このブログで、
気持ちだけでも
「涼」を感じて
いただけますように。