奇祭、大人形祭   上庄祇園祭(5)

P1040907.jpg

7月24日。土曜日。正午。
菊美人のあるみやま市瀬高町上庄。
5日間にわたって行われる
「上庄祇園祭」の中心となる
「大人形祭」が始まります。
今年の「上庄祇園祭」は、
雨も降らず、炎天下の毎日。
祭りを取り仕切る、宮司、宮総代、
若衆の皆さんは、本当に大変でした。
この上庄祇園祭の若衆は、
上庄地区内の6つの町が輪番で
親町を務めます。
P1040847.jpg
つまり、6年に一度、祭りを取り仕切る
親町が各町に回ってきます。
その親町の頭領が、
今年の祭りの「頭(かしら)」となります。
P1040875.JPG
8年前に、その頭(かしら)を、
務めさせて頂きました。
一生に一度のことですし、
誰もがやれるわけでない。
大変ですが、
とても栄誉なことと思っています。
P1040874.JPG
さて、これが「大人形」です。
大人形の股をくぐります。
股をくぐると、一年間
無病息災と言われていますし、
特に子どもや赤ちゃんは、
「股くぐり」をすると、
元気に育つと言われています。
大人形を見て、
泣く子のほうが元気に
育つと言います。
P1040892.JPG
夜の様子。
菊美人の蔵のある通りが
昔の旧道。
八坂神社までの本通りです。
夜店がたち並び、
この日ばかりは、
大勢の参拝客でごったがえします。
P1040893.JPG
夜店がなんとも言えない
妖しい雰囲気を
かもし出します。
小さい頃は、
とにかくこの「大人形祭」は、
夏休みのメインイベントでした。
P1040894.JPG
夜の参拝も雰囲気があります。
P1040896.JPG
このような、
大人形の股をくぐるお祭りは
他に聞いたことがありません。
なんとも、不思議な祭りです。
380年続く奇祭。
県の有形文化財。