台北市仁愛獅子會、会長交替式典  台北見聞録(7)

P1030920.jpg

5月21日、夕方6時。
ホテルでの1時間ほど仮眠の後、
台北仁愛ライオンズクラブの
第37代会長から第38代会長への
会長交替レセプション。
後発組とも合流し、
瀬高ライオンズクラブ総勢12名での
参加となりました。
P1030922.JPG
台湾でのライオンズクラブの
存在は、日本のそれ以上のようです。
台北市の官界、政界、財界の
要人が集っています。
P1030931.JPG
400人以上での大式典。
大スクリーンが3幕もある
大宴会場です。
P1030929.JPG
式典の中では、
瀬高ライオンズクラブを代表して
大久保公明会長が挨拶。
女房役として幹事を仰せつかっている
私もこれでようやく安堵。
P1030924.JPG
写真は、
瀬高ライオンズクラブからの
贈り物。
日本の五月の節句、
かぶとの飾りです。
私の友人が社長をしている
八女市の
八女人形会館から
コーディネートしてもらったもの。
P1030938.JPG
写真は、
台北市長、「郝龍斌」氏の挨拶。
式典は、約3時間、夜の9時迄
続きました。
P1030939.JPG
これから、大祝賀パーティです。
あまりにも大きいパーティのため、
「乾杯」の集中砲火は無く、
時折の「乾杯」をこなしながらの
やっと、マイペースで
飲むことができました。
P1030946.JPG
ステージでは次から次へと
出し物が。
本格的なプロのダンスや
踊りもあるのですが、
台北仁愛ライオンズクラブの
メンバーや奥様たちの
出し物がすごい。
写真は、奥様達のコーラス。
P1030942.JPG
これも、メンバーの奥様達の
ダンス。
相当練習していらっしゃるのが
伺えます。
プロも顔負けです。
P1030952.JPG
すごいのは、
皆さん、それを苦役ではなく、
心から楽しんで
演じていらっしゃる。
P1030951.JPG
台湾のお国柄なのでしょう。
歌ったり、踊ったりすることが
日常の生活の中にある。
これも台北仁愛ライオンズクラブの
メンバー。
日本のわれわれのために、
「浪花節だよ人生は」を熱唱。
P1030961.JPG
これも、台北仁愛ライオンズクラブの
メンバーの好演。
「イエライシャン(夜来香)」を
熱唱。感動さえおぼえました。
パーティが終わったのが12時。
二日目もなんとか終わりました。
お休みなさい。