白南風(しらはえ)吹く  菊美人の夏

IMG_0783.JPG

2013年
7月10日、水曜日。
 
今年の梅雨は、
あっという間でした。
 
朝晩しのぎやすい日が続いて、
梅雨特有の鬱陶しさが
あまりありませんでしたね。
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0784.JPG

梅雨明けの
白南風(しらはえ)の風
吹きました。
 
南風と書いて「はえ」と読みます。
(東風は「こち」ですよね。)
梅雨の風を「黒南風(くろはえ)」。
梅雨が明ける風を「白南風(しらはえ)」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0732.JPG

雲の色から由来しています。
この写真は、7月2日、
梅雨の最中の雲。
真っ黒で、
まさに「黒南風」ですね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0858.JPG

北原白秋に「白南風」
という歌集があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0848.JPG

序文を引用してみます。
『白南風は送梅の風なり。
白光にして雲霧昻騰《こうとう》し、
時によりて些《いささ》か
小雨を雑《まじ》ゆ。
鬱すれども而《しか》も既に輝き、
陰湿漸《ようや》くに霽《は》れて、
愈々《いよいよ》に孟夏の青空を望む。
以下略。』
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0853.JPG

歌集「白南風」は、
昭和9年、白秋晩年の作品。
 
夏雲が薫蒸するように、
白秋の詩作も豊熟していました。
 
 
(左写真は、7月11日、
東京ー佐賀ANA便にて、
上空より矢部川上庄地区を眺める。)