きゃあるがなくから  紫陽花さく白秋生家

IMG_0560.jpg

2013年
6月10日、月曜日。午後3時。
 
菊美人の蔵から20分。
柳川市、沖の端「北原白秋生家」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0558.jpg

公益社団法人
「北原白秋生家記念財団」
評議員会。
 
北原白秋の縁戚ということで、
評議員になっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0559.jpg

年に数回、
こうやって白秋生家を訪れています。
訪れるたびに新しい発見。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0554.jpg

今回、特別展示として、
ちゃっきり節の白秋自筆レプリカが展示。
 
「きゃある(蛙)が啼くんで雨づらよ」
お馴染みの唄。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0551.JPG

ちゃっきり節は「茶切節」と書きます。
お茶の産地、静岡県の民謡。
静岡鉄道の依頼を受けて北原白秋が作詩。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0552.JPG

静岡鉄道から白秋は依頼を受けて、
静岡の料亭に長く逗留、豪遊。
しかし一向に詩作はできない。
 
ふとんを上げにきた老仲居の
『きゃあるがなくから雨づらよ
(蛙が啼いているから、今日は雨が降るね)』が
インスピレーションを生み、
一気呵成に30番までなる歌を書きあげた、
という伝説の歌です。
 
 
 
 
 
 

IMG_0553.JPG

初めて、ちゃっきり節の
白秋自筆の原稿をみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_0556.JPG

歌謡では「啼くんて(で)」と
なっていますが、
最初の原稿では
「啼くから」となっていたのは
楽しい発見でした。