小さな秋と大きな秋  青蜜柑と荒尾梨

R0020989.JPG

2012年
10月11日、木曜日。
菊美人の蔵にて。
近しい方より頂き物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020990.JPG

一つは「小さい秋」。
青蜜柑です。早生みかんのこと。
ジューシーで酸味が効いています。
 
こたつで食べる
冬のみかんもいいけれど、
秋ならではの小粒のみかん。
 
季節感があって、
若くて爽やか。
 
 
 
 
 
 
 

R0021108.JPG

もう一つの頂き物は「大きい秋」。
荒尾梨。
新高(にいたか)と呼ばれるもの。
 
1個1キロの重さ。
とても高価。一箱頂きました(汗)。
7個入り。1万円はします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021110.JPG

この荒尾梨。
もちろん熊本県荒尾の特産。
びっくりするほど糖度が高い。
切ったはなから、
果汁がしたたり落ちます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021028.JPG

田舎に住んでいて、
かつ商売をしているとなると、
ご近所などの人とのおつきあいが、
毎日生きていくうえで、
少なからずのウエイトを占めていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0020991.JPG

逃げ出したくなるほど、
わずらわしいときがあるのも事実。
共同作業や公民館行事など、
なにしろ、田舎は、
休日の出ごとが実に多い(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021111.JPG

反面、いいことも沢山。
とりわけ、
おいしいものの
お裾分けはうれしいこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0021114.JPG

折々の季節に、
折々の食べ物がタダで頂ける(笑)。 
これ以上の幸せはない。
 
田舎も捨てたモノではありません。