天の恵み、地の恵み、人の恵み  菊美人の新酒できました

R0017247.jpg

2012年
2月5日、日曜日。
午前10時。
 
菊美人の蔵、
槽場《ふなば》にて。
 
今年の初しぼり。
いよいよ酒が
できあがります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017252.jpg

第一号の新酒は、
福岡県産の酒造米
「夢一献」70%精米の
本醸造酒。
 
「しぼりたて新酒」
になるお酒です。
 
仕込蔵《しこみぐら》の
タンクから
ポンプで送られてくる
醪《もろみ》を
杜氏たちが酒袋を持って
待ち受けます。
 
 
 
 
 
 

R0017256.jpg

酒袋に真白な醪《もろみ》が
満たされ、
槽《ふね》の中に
積み上がります。
 
酒袋を一回折りたたむだけで、
酒がもれません。
 
積み上げていくのは
熟練の技。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017263.jpg

冷たい酒で、
手はかじかみながらも
黙々と作業は
待ったなしで続きます。
 
製造チームの
その作業の様は、
芸術的でさえあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017264.jpg

まず、醪《もろみ》は
自らの重みで、
澄み切った酒となって
酒袋からしみでます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017267.jpg

それが、
槽《ふね》の先端にある、
樋の口《ひのくち》から
出てきます。
 
黄金色の一番搾り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017266.JPG

そののち、
圧力をかけていき、
2日にわたって搾ります。
 
新酒のできあがりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017269.JPG

今年もおかげさまで、
菊美人ができあがりました。
 
天に感謝。
地に感謝。
人に感謝。
 
涙がでるほど、
おいしい。