赤い実をたべた  北原白秋『赤い鳥小鳥』

R0017131.JPG

2012年
1月29日、日曜日。
 
昼の1時。
 
菊美人の蔵の庭にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017138.JPG

この時季、蔵の庭には、
赤い実がたくさんなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017140.JPG

この赤い実を、
ツグミがついばみに
やってきます。
 
冬の朝、蔵の庭は
ツグミも盛んに啼いて
賑やかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017137.JPG

一番上の写真は、
ジュウリョウ(十両)、
ヤブコウジです。
 
ツグミから食べられて、
実が二つしか残っていなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017136.JPG

二番目、三番目の写真は、
ヒャクリョウ(百両)。
 
四番目と、
五番目の写真は、
センリョウ(千両)。
 
とても鮮やかできれいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC01218.JPG

六番目と、
七番目の写真は、
マンリョウ(万両)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017135.JPG

センリョウは、
実が葉の上に付いて、
マンリョウは、
実は葉の下になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017145.jpg

八番目と、
九番目の写真は、
モチノキ。
 
これも赤い実が、
鈴なりになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0017148.JPG

思い出すのは、
北原白秋作詞、
成田為三作曲の
童謡「赤い鳥小鳥」。
 
赤い鳥、小鳥、なぜなぜ赤い。
赤い実をたべた。
白い鳥、小鳥、なぜなぜ白い。
白い実をたべた。
青い鳥、小鳥、なぜなぜ青い。
青い実をたべた。
 
 
 
 
 
 
 

R0017157.JPG

素直で単純なフレーズが、
歯切れよく、
心に響いてきますね。