「鯨海酔候」からの命名「酔鯨」酒造  高知研修出張(3)

R0016454.JPG

2011年12月6日、
午後2時。
 
四国、高知市長浜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016455.JPG

酔鯨酒造株式会社。
 
お話を、製造部部長、
野勢晶氏より伺う。
 
2700石。
高知県内第4位の石高。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016458.JPG

県外に多く出荷される、
全国有名蔵。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00964.JPG

「酔鯨」の由来は、
山内容堂公の
雅号「鯨海酔候(げいかいすいこう)」に
因んでの命名。
 
鯨のようにおおらかに飲み酔う。
いい名前ですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00965.JPG

山内容堂公は、
NHKの「龍馬伝」では、近藤正臣が熱演。
 
ドラマの中では、
あまりいいイメージではない
容堂公でしたが、
大酒飲みだったのは確かなようです。
 
昨日は橋南に飲み 今日は橋北に酔う
酒あり飲むべし 吾酔うべし
とは容堂公の歌。
 
 
 
 
 

DSC00968.JPG

土佐のお酒は、
辛口の酒というイメージでしたが、
この「酔鯨」、
酸味がきいていて
味がしっかりある印象。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DSC00978.JPG

土佐の維新の志士も、
この「酔鯨」を飲み、
日本を動かす
原動力になったに違いありません。