信濃では月と仏とおらがそば  年越しのお蕎麦

R0016746.JPG

12月31日、土曜日。
夕方6時。
 
菊美人の蔵にて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016748.JPG

今年も無事に仕事が終了。
 
一番お酒が売れる12月。
大晦日まで営業。
 
社員の皆さん、
お疲れ様でした。
 
明日から4日までお休み。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016749.JPG

さて、大晦日の夕食は、
家族揃って年越し蕎麦。
 
父母、私たち夫婦、
子ども達二人、
6人全員揃いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016756.JPG

今年は、親族から、
天草の活きクルマエビ
頂きました。
 
生と塩焼きで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016752.jpg

蕎麦は、
2001年に日本青年会議所で
ご一緒だった長野在住の
土屋龍一郎会頭。
 
私が九州の会長の時の、
日本の会頭。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016753.JPG

ありがたいことに、
10年来、
年末に頂いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016763.jpg

この年越し蕎麦、
「風味・のど越し・旨味」
全てにこだわって造った
究極の逸品。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0016761.JPG

信濃では月とほとけとおらがそば
(小林一茶)
(蛇足ですが、仏は善光寺のこと。
「おらがそば」は、
我が家の蕎麦と私の傍を掛けています)
 
さすが信濃、
信州長野の蕎麦は、絶品。
 
土屋会頭ごちそうさまでした。