まろいまろい金のたま  白秋生家のからたちの実

R0015671.jpg

10月19日、午後2時。
菊美人の蔵から車で20分。
 
柳川市沖ノ端(おきのはた)、
北原白秋生家。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015670.JPG

先週は、
琴奨菊が来柳して、
川上りパレード。
 
柳川市は、折からの
琴奨菊の大関昇進で、
街中がお祝いムード。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015681.jpg

さて、
白秋生家の中庭に
「からたちの実」が
なりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015677.jpg

からたちの花が咲いたよ
白い白い花が咲いたよ
 
からたちのとげはいたいよ
青い青い針のとげだよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015673.JPG

からたちは畑(はた)の垣根よ
いつもいつもとほる道だよ
 
からたちも秋はみのるよ
まろいまろい金のたまだよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015680.JPG

からたちのそばで泣いたよ
みんなみんなやさしかったよ 
 
からたちの花が咲いたよ
白い白い花が咲いたよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015676.JPG

たまたま、
白秋生家に咲く
4月19日のこと。
 
ちょうど半年で実をつけました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R0015672.JPG

「からたちの花」は、
北原白秋(1885-1942)作詞、
山田耕筰(1886-1965)作曲の童謡。
文部省唱歌。
日本の歌百撰。
 
声に出して読んでみると
韻の踏み方がとてもやさしい。
 
なんだかせつない
気持ちになりますね。