プロのきき酒  全国新酒鑑評会出品酒きき酒勉強会

R0013795.JPG

5月11日、水曜日。
午前10時。
久留米市合川町。
福岡県工業技術センター
生物食品研究所。
R0013798.jpg
今日は、
福岡県酒造組合主催の
全国新酒鑑評会出品酒
ききざけ勉強会。
R0013797.jpg
今春の全国の鑑評会に
出品した福岡県の
蔵元が集まりました。
全国の審査と同じ日に、
保存温度など同じ条件で、
福岡の出品酒を自分たちで、
評価しあおうという趣旨の会。
R0013794.jpg
福岡県酒造組合会長、
株式会社いそのさわ社長、
高木泰三郎氏のご挨拶。
R0013799.JPG
評価は、
全国鑑評会と同じ
3点法。
R0013804.jpg
どこのお酒か、
わからないように
同一規格瓶での出品。
お酒の色で評価が
惑わされないよう
グラスはアンバーグラスを
用います。
R0013806.JPG
さすがに、
全国鑑評会に出品する
各蔵を代表する
大吟醸酒。
R0013809.jpg
天井に張りついたような
レベルの中での採点。
R0013803.jpg
全員でのきき酒終了後、
各お酒の蔵元名と、
そのお酒の全員の評価の公表。
福岡県醸造試験所の
鈴木正柯先生から
コメント。
不思議なもので、
「この人は」と思っている人たちの
きき酒の採点、
ほとんど誤差がなく一致しています。
R0013810.jpg
今回の試みは、
今年が初めて。
弊社のお酒の忌憚ない
評価も頂き、
問題点も抽出されました。
各蔵の向上はもちろん、
福岡県の蔵が全体として
レベルアップしていく
とても貴重な会となりました。