樹齢六百余年  国指定天然記念物、黒木大藤

R0013316.JPG

5月1日、日曜日。
午前10時。
福岡県八女市黒木町。
菊美人の蔵から車で45分。
八女市の中心部から車で
30分。
あいにくの雨模様。
R0013318.jpg
この時期、黒木町は、
町を挙げての黒木大藤まつり。
このフジの見頃に合わせて、
黒木町にある、
金襴藤娘醸造元の
後藤酒造場、
旭松醸造元の
旭松酒造が酒蔵開き。
R0013319.JPG
スケジュールがあわず、
なかなか来訪することが
叶わなかったのですが、
今年念願かなって訪れることが
できました。
ふたつの醸造元の
酒蔵開きの様子は、
次回のブログで。
R0013320.JPG
さすがにスゴイ。
訪れたタイミングも
よかったのでしょう。
満開です。
樹齢600年の古木の
フジは一本だけですが、
300年クラスの古木が
十本近くあって、
境内中がフジの花と
香りでむせかえっています。
R0013322.JPG
フジの香りが強烈で、
目まいをおこしそうに。
謎の少年、ケン・ソゴルが、
タイムトラベルをする
SFテレビドラマ、
「タイムトラベラー」
を思い出しました。
原作は、筒井康隆の
「時をかける少女」。
R0013323.JPG
このドラマの中では、
ラベンダーの香りを
嗅ぐと不思議なことが
起きたのですが、
それを彷彿させる
フジの強烈な香り。
(この「タイムトラベラー」
1972年NHKでの放映。
この話題わかる人は
相当私と年が近い。)
R0013327.jpg
話がだいぶ
横道に逸れましたが、
子どもの背丈ほどの
藤の花は天下無比。