日本酒と料理の相性  福岡市中央区 博多料亭「稚加榮」

R0012942.jpg

4月7日、木曜日。午後7時。
福岡市中央区大名、
博多料亭「稚加榮(ちかえ)」。
R0012944.jpg
今日は、福岡県酒造組合が主催する
「お酒の学校 13期生」の5限目。
「日本酒と料理の相性」。
「お酒の学校」は、
実際の蔵の経営者、造り手が
講師となって、
日本酒を啓蒙する学校。
この福岡の取り組みは、
全国でも類をみません。
R0012946.JPG
これまで、8年間で
300名以上の卒業生を
輩出し、
日本酒の応援団、
福岡のお酒の応援団を
送り出してきました。
6回の講座。
その中でも、今日の講座は、
蔵見学にならぶ
人気の講座です。
R0012948.JPG
老舗料亭の
「稚加榮」様の
全面的なご協力を
頂いています。
色んな種類のお酒と
日本料理の相性を
実際に食事をしながら
顕彰していく講座。
R0012950.jpg
「稚加榮」様の
風格あるしつらえの中で、
講義をさせて頂いています。
R0012951.jpg
山姿 日々ととのいて 猫柳
どなたの作品でしょうか。
春になってふもとから見る
山の様子が日々きれいに
なっていく様を歌ったものでしょう。
猫柳は春の季語。
さりげなく、
春の掛け軸がかけてあるのが
すばらしい。
R0012955.JPG
さて、授業の様子。
R0012954.JPG
出た献立は、
「お造り」で
ヒラメの昆布締めと菜の花。
「煮物」で
イワシのぬか炊きと隠元、花人参。
「油もの」で
蛸の唐揚げのレモン添え。
「焼き物」で
さわらの木の芽焼きと茗荷。
R0012953.JPG
4種類の
日本酒との
マリアージュを
探ります。
R0012956.JPG
本日の
講師は、
久留米市城島町の
「花の露」醸造元。
冨安拓良社長。
舌鋒鋭く、
簡潔明瞭な講演。

R0012957.JPG
講師陣も10名参加。
私たち、
日本酒の造り手にとっても
とても勉強になる講義です。
生徒さん達も
固定観念が覆されるような
料理との組み合わせを
見つけることができたり、
新鮮なおどろきが
あったようです。
R0012952.JPG
講義の後は、
隣室で懇親会。
こんなに立派な
お部屋を準備して頂きました。
「稚加榮」様、
ありがとうございました。
お世話になりました。
博多料亭「稚加榮」
福岡市中央区大名2-2-17
TEL 092-721-4624