韓国SAKEイベント   半島へ、再び(5)

R0011929.jpg

1月20日、木曜日。午後1時。
ソウル2日目。
ソウル市カンナム(江南)地区。
グランドインターコンチネンタルホテル、
2階、オーキッドルーム。
今日は、日本酒造組合中央会主催の
「韓国SAKEイベント」。
今年で3回目を迎えます。
3回連続で参加、皆勤賞(笑)。
R0011927.JPG
ソウルは、市の中心を
漢江(ハンガン)が東西に
流れ、江北と江南に分かれます。
昔からの繁華街、
明洞(ミョンドン)は、
江北エリア。
今日のイベントが開催される、
カンナム(江南)地区は、
東京で言えば、青山や麻布と
いったところでしょうか。
とてもおしゃれな地区です。
R0011919.JPG
今日の日本酒イベントの
司会も俳優と歌手の方。
とてもスマートです。
R0011921.JPG
会場も満杯。
日本酒に興味のある、
ディストリビューター、
バイヤー、料理店など
大勢の方々が集まりました。
150名ほどいたのでは
ないでしょうか。
日本酒への興味が
まだまだ旺盛なことを
裏付けています。
R0011924.jpg
弊社のお取引先もおいででしたし、
取引はしていないまでも、
お世話になった顔見知りの、
ディストリビューターの
方々ともご挨拶できました。
ざっと見て、4分の1位は
どこのどなたか知っていました。
いつの間にか、
私、韓国の日本酒ルート通に
なっていたようです(笑)。
写真は、日本大使館のご挨拶。
大使館もこのイベント、
全面的にバックアップして頂いています。
R0011925.JPG
前段は、
日本酒輸出協会の
松崎晴雄会長(写真右)
の講演。
会場からの質問の中で、
日本酒の位置づけを聞かれて、
松崎氏は「日本酒は、
マッコリとソジュの中間的
位置づけ」と答えていました。
R0011932.JPG
後段は、
パネルディスカッション。
パネラーは、
韓国で一番日本酒を売っている、
全日本酒類の徐正勲社長。
調理師で利き酒師でもある
高級日本料理店「東京妻家房」の
余泰午氏。
日本酒「龍力」本田商店の
朴研究室長。
前段の松崎晴雄会長。
R0011933.JPG
韓国での日本酒売上げは、
10年で50倍。
昨年が1369万ドル。
アメリカに次ぐ、
世界第2位の輸入国。
昨年は日韓お互いの渡航が
500万人を突破。
まだまだ、日本酒の市場拡大の
可能性を期待させてくれる
ディスカッションでした。