KAL コリアンエアーライン   半島へ、再び(1)

R0011859.JPG

1月19日、水曜日。
午後2時。
福岡空港、国際線。
今日から、4泊5日で、ソウル出張。
今回の出張の目的は、
ソウルでの日本酒造組合中央会主催の
韓国SAKEイベントへの参加と、
お得意先へのご挨拶、そして
新規納入先の百貨店での試飲販売。
R0011857.jpg
今回の出張は、私一人での渡韓。
韓国大好きの、
韓国担当営業部長、兼、通訳の家内は
長女の受験のため、
断腸の思いでお留守番。
今まで渡韓は、
会話はすべて家内にまかせっきり。
今回、一人での出張。とても不安。
今回の荷物は、スーツケース2個と
リュックサック、合計55キロ。
書類などの重い荷物20キロは、
リュックサックで担いで、
機内持ち込み。
R0011863.jpg
スーツケースの中は、
着替え以外すべて菊美人(笑)。
全部で720MLが15本。
スーツケースの重さが、
35キロ超。
一人あたりの機内預けの
制限重量は20キロまで。
5キロはサービスしてもらって、
なんとか10キロの
超過料金で済みました。
R0011861.jpg
プライオリティパスカードを
使ってラウンジへ。
ちょうど福岡空港は、
KALラウンジが使用できます。
R0011860.JPG
ラウンジには、
日本酒もありました。
宝酒造、松竹梅の
特別純米。
しっかり頂きました。
さすが、大手。
きれいに
まとまっています。
R0011864.JPG
お昼過ぎの便と
いうこともあって、
日本人、韓国人、
半々のようです。
福岡ー仁川(インチョン)は、
アシアナ航空と大韓航空が
就航していて、一日5便も
あります。
R0011866.JPG
2社就航ですから、
価格競争もあって、
安くてとても便利。
つくづく、アジアへの
福岡の地の利を活かしたい
ところですね。
本当に便利だと思います。
ということで、一日おきに、
韓国酒見聞録、
「半島へ、再び」シリーズ
はじめます。乞うご期待。